56 Shares

ブログの検索流入を増やしたい! 初心者のためのSEOの第一歩

SEO PROCESS

著者:りけいじん(Tidbits -ちびっつ-

ブログを始めたばかりで、SEO(検索エンジン最適化)と言われても何をすればいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

検索エンジン? クエリ? 検索意図? アルゴリズム? 被リンク?

情報を探しても、難しいことばかり。ピンとこないのは当たり前です。野球に例えると、ボールを打ったことがない初心者が、バッティング理論の本を読んでいるようなものでしょう。

かといって、SEO を無視して記事を書き続けていては検索流入は増えません。

そこで、初心者向けに「まずはここから始めては?」という第一歩を説明してみたいと思います。

検索流入を逃した失敗談

最初に自分自身の失敗談から書いてみます。Tidbits に一番最初に投稿した記事です。

その記事のタイトルは「うるう秒って何? 次回はいつ? 時間にまつわる不思議な話」となっています。

実はこの記事、最初に投稿した時のタイトルは「うるう秒って何? 次はいつ? 時間にまつわる不思議な話」でした。

どこが違うかわかりますか?

次はいつ?」だったのを「次回はいつ?」に変更したのです。その理由はこれ。

Ubersuggest「うるう秒」

Ubersuggest というサイトで検索ワードのボリュームをみたものです。VOLUME の欄が月間検索数の予測値です。

「うるう秒 次」で検索する人より、「うるう秒 次回」で検索する人の方が圧倒的に多いですよね(といっても絶対値は小さいですが)。そのことに気づいて、タイトルだけでなく、記事中の「次」を全て「次回」に変更しました。

すると「うるう秒 次回」というキーワードでの検索流入が始まり、少しずつ順位も上がってきたのです(現在は 2 位に表示されています)。

アクセス数推移

記事の内容は全く同じでも、ちょっと言葉を変えただけで結果が違ってくるのがわかるでしょう。

最初から「次回」にしておけばもっと検索流入があったはずなのに、それを逃していたという失敗談です。

これが SEO の第一歩

この失敗例で、SEO のイメージが少しつかめたのではないでしょうか?

SEO というと、検索エンジンのシステムを知って裏技的なことをすることと思っている人がいるみたいですが、そんなものではありません。

SEO の基本は、「こういうキーワードで検索する人のために書いた記事です」と Google に知ってもらうことです。難しいことはありません。

ただ、そのためには利用者がどんなキーワードで検索するのかを知っておく必要があります。

初心者におすすめの検索流入の増やし方

よく目にする SEO の情報は、ヒットを量産することやホームランを打つことを目的としています。

そのために、ストライクゾーンの球をどうやって見極めて、どのようなフォームで打つのか、というテクニックが書かれているのです。

でも、その感覚がわかるようになるためには、ある程度ボールを打たないといけません。ですから最初は「ボールをよく見て打つ」ことから始めることをおすすめします。

キーワードを意識する

ボールをよく見てバットを振り続けると、選球眼もよくなっていきますし、バットに当たる回数も増えていきます。でも、ボールを見ずにやみくもにバットを振っていると進歩しません。

この「ボールをよく見る」が「キーワードを意識する」に相当するのです。

まずは、キーワードを意識して記事を公開する習慣をつけることから始めましょう。

最初は、ボール球を振っても、スイングがめちゃくちゃでも、関係ありません。バットにボールが当たるという経験を積んでから、次の段階に進めばよいのです。

キーワードを意識する具体的な手順

ここからは、初心者がキーワードを意識してブログを書く具体的な手順を説明していきます。

自分自身が Tidbits を運営する上で実践してきたことです。

ブログのネタを決める

最初はブログのネタ探しです。

これは皆さんやっていることをそのまま続けるだけです。

「キーワードのボリュームやライバル調査からブログの内容を決める」といったプロレベルのテクニックは、初心者を脱したあとで考えましょう。

キーワードを調べる

ブログのネタが決まったら、必ずキーワードをチェックしてください。

おすすめのツールは、goodkeyword です。書こうとしている記事のメインキーワードを調べましょう。

例えばタピオカの記事を書くつもりなら、「タピオカ」と入力して検索ボタンを押します。すると、タピオカを含んだキーワード一覧が表示されます。

ここに表示されるのは、実際に検索で使われたことのあるキーワードです。

goodkeyword 「タピオカ」

そのなかから、記事の内容に近いキーワードを探していきます。

タピオカのカロリーについて書く予定なら、「タピオカ カロリー」というキーワードをクリックしてください。「タピオカ カロリー」を含んだキーワード一覧が表示されます。

goodkeyword 「タピオカ+カロリー」

そして、また記事の内容に近いキーワードを調べます。

「自分が書く記事の内容を知りたい人は、こんなキーワードで検索するんだ」ということを確認しておくのです。

できれば 3 語のキーワード(「タピオカ カロリー 比較」など)まで落とし込みたいですが、記事の内容に沿ったキーワードがなければ 2 語でも問題ありません。

検索ボリュームチェック

必須ではありませんが、検索ボリュームもチェックしておいたほうがよいでしょう。

先ほどもご紹介した Ubersuggest を使うのが便利です。

「タピオカ カロリー 比較」というキーワードを選んだとしたら、それを打ち込んで検索キーを押します。すると検索ボリュームなどが表示されます。

Ubersuggest 「タピオカ+カロリー+比較」

このキーワードでは「表示するデータがありません」となっており、残念ながら「タピオカ カロリー 比較」の検索ボリュームは小さいようです。

検索ボリュームが小さい記事は書かないという人もいますが、最初のうちは気にしなくてもいいでしょう。

goodkeyword で表示されたということは、数は少なくても検索する人がいるということです。その人のために書きましょう。

ボリュームが少なくても検索に引っかかっていけばブログは成長していきます。

※ちなみに「タピオカ カロリー」の 2 語は検索ボリュームが大きいです。もし「タピオカ カロリー 比較」で検索流入が増えてくると、2 語のビッグキーワードにも引っかかってくるかもしれません。

キーワードを意識して記事を書く

キーワードの調査が終わったら、記事を書いていきます。

この段階では記事に合ったキーワードを見つけただけですから、記事の内容は変える必要はありません。記事を書く上でやることはひとつだけ。「選んだキーワードを入れること」です。

一番効果が大きいのは記事タイトルなので、タイトルには必ずキーワードを入れましょう。

「タピオカのカロリー比較! 実は高カロリーだった」みたいな感じです。

次に効果があるのが見出しです。タピオカ・カロリー・比較・というワードを見出しの中に入れ込むようにします。

これで「タピオカ カロリー 比較」で検索する人のために書いた記事だと Google が認識してくれます。

記事を公開してじっと待つ

記事を書き終わったら、あとは公開するだけです。

すぐ検索結果に表示されなくても焦る必要はありません。ブログを作って当分の間は検索に引っかかることがないのが普通だからです。

定期的に記事を更新していると 3 か月目くらいから検索で表示されるようになります。

検索流入が始まったらサーチコンソールで確認

検索流入が始まったら、サーチコンソールの「検索パフォーマンス」で検索ワードを調べましょう。

サーチコンソールでは、キーワードごとにクリック数・表示回数・検索順位が確認できます。

Search Console 検索パフォーマンス

狙ったキーワードで表示されているか、検索順位がついているか、ひとつひとつ確認してください。順位が低くても、狙ったキーワードで表示されていれば、まずは大成功です。

狙ったキーワードで検索に表示させるという経験を積むことが大事なのです。

狙いと違っても OK

もちろん、狙ったキーワードで検索表示されないこともあるでしょう。ある程度は仕方ありませんし、失敗でもありません。

どんなキーワードなら上手くいって、どんなキーワードではダメなのか、それを教えてくれる大事な材料です。

また、狙ったものとは違うキーワードで表示されたり、そちらのほうが検索順位が高かったりすることもあるでしょう。

これはラッキーです。それでまたひとつ勉強になります。

こうやってサーチコンソールの結果を見て勉強になるのは、最初にキーワードを意識して書いたからです。適当に書いていたら、結果を分析することもできません。

キーワードに対するセンスがアップ

実際に検索結果に表示されるまで、時間がかかることが気になるかもしれません。

面倒なことをして、沢山記事を書いて、いざ検索結果をみてもなにもわからない。そういう結果になりそうな気がして。

でも「記事を書くたびにキーワードを調べるだけ」でも大きな効果があります。キーワードを調べると「こんなワードで検索するんだ」ということが客観的にわかりますから、それを繰り返すだけでもキーワード選びのセンスは上がっていくでしょう。

10 記事書けば、10 回真剣にキーワードを選ぶことになるのですから、それだけ大きく進歩するはずです。

キーワードを見ずに記事を公開していく人と、キーワードを確認してから記事を公開する人では、数カ月後には大きな差が出ます。そして、さらにその数カ月後にはキーワード選びの結果がフィードバックされて、ますます差が開いていきます。

キーワードを意識していないと、「半年間ブログを続けたけど SEO については何も進歩していない」「検索流入がほとんどない」ということにもなりかねません。

あらためて SEO を勉強する

この段階までくると、

「もっと検索順位を上げるにはどうしたらいいのか?」
「もっと検索ボリュームの大きいキーワードを見つけるにはどうすればいいのか?」

という欲が出てきます。

その時点でもう一度 SEO について調べてみましょう。世に出回っている SEO の情報には、まさにそのことが書かれているからです。

最初に読んだときにはピンと来なかった情報が、この段階までくればはっきりとわかるようになっているはずです。

基本から応用へ

SEO の情報を検索すると、最初にキーワードを選定して、その検索意図を考えて、記事を書く、という順番で説明しているものがほとんどです。

初心者がいきなりできるものではありません。

この記事で書いたのは、最初に記事を決めて、それに合ったキーワードを見つけるという方法です。順番が正反対ですが、記事内容からキーワードを決めるやり方が基本で、キーワードを先にするのは応用編だと思います。

最初のうちは基本に従って、経験を積んでから応用編に進むのが王道ではないでしょうか?

バットにボールが当たるようになってから、ヒットを量産したりホームランを打ったりする方法を調べて実践するのです。

Tidbits の検索流入

自分自身、まだヒットを量産したりホームランを狙ったりする技術はありません。

Tidbits もまだ 4 カ月月目ですし、記事数も 100 に達していません。内容も検索ボリュームが大きいテーマを扱ったものでもありません。

それでも、5 位以内に表示されるキーワードは 200 以上ありますし、検索流入メインで月間 3 万ページビューを超えることができました。

これは、基本に従った結果だと思っています。

最後になりましたが、この記事が少しでもブログ運営の参考になれば嬉しいです。

本記事転載元:ブログの検索流入を増やしたい! 初心者のためのSEOの第一歩 | Tidbits -ちびっつ-

Naifix では記事を掲載していただける方を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。