Google AdSense 初回審査に落ちるサイトの特徴と合格対策

チェックリスト

2021 年現在、Google AdSense 広告を掲載するにはサイトごとの審査にパスしなければなりません(数年前はアカウント単位の審査でした)。

どのようなサイトでも審査に通るわけではなく、AdSense ポリシーやウェブマスターガイドラインに沿っている必要があります。ポリシー変更に伴い合格ポイントも変わっていると思いますが、基本をおさえていれば問題なく審査をクリアできるはずです。

今まで 1,000 以上のサイトをチェックしてアドバイスしてきたなかで、審査に落ちやすい代表的な項目がいくつかありました。特徴をまとめましたので、何度も審査に落ちているならご参考にしていただければと思います。

Google AdSense 審査をクリアするための最低要件

Google AdSense 審査に合格するために、プログラムポリシーに準拠していることが大前提となります。

AdSense ヘルプには具体的に書かれている項目もいくつかあるので、もしまだ見たことがないなら必ず目を通しておいてください。難解な言葉もあるかもしれませんが、この先 AdSense で収益化していくなら避けて通れないところです。

以下の記事で NG 例を具体的に解説していますので、ポリシーを読んでもいまいちピンとこない場合はご一読いただければと思います。

これだけは覚えておきたい基本のキ

冒頭で「基本をおさえていれば問題なく審査をクリアできる」と書きましたが、基本のキとなる部分は 2 つあります。

  • Google AdSense コードを掲載したページすべてが要件を満たしているか(サイト全体の構成に関わる)
  • 広告主がお金を出して広告を掲載したくなるページか(各ページの品質に関わる)

この 2 つを具体的にしたものが、ポリシーやガイドラインです。

WordPress のような CMS を利用している場合、各投稿ページだけではなくカテゴリーやタグなどのアーカイブページも審査対象となります。

それらのページがわかりやすく整理されており、リンクでつながれた各ページが質の高い独自のコンテンツになっていれば問題なく合格するでしょう。

AdSense 審査に通らないサイトの特徴と対策(構成編)

Google AdSense の審査に通らないサイトの具体的な特徴と、ポリシー・ガイドラインに照らし合わせた対策をご紹介していきます。

WordPress で運営している個人ブログ(日本国内)を想定した解説となりますが、他の CMS を使っている場合も基本的な部分は同じです。

必要なページがない

ブログ運営に最低限必要なページがないと、審査に落ちるかもしれません。

とくに AdSense の利用規約で定められているプライバシーポリシーの表示は必須です。ポリシーを記載したページを用意しましょう。

お客様は、本サービスを利用するに際しては、常に、明確に表示され、簡単にアクセス可能なプライバシー ポリシーを広告媒体に必ず付すものとし

AdSense オンライン利用規約

また、「だれが書いていて、なぜその分野に詳しいか」を明確にする運営者情報や、ユーザーが運営者にすぐ連絡をとれるようになっているページがあると信頼感が出ます。

どこのだれが運営しているかわからず、連絡手段もない。というサイトには広告を掲載したいと思わないですからね。

お問い合わせページを用意する場合は、フォームだけ置くのではなく、「どんな問い合わせを受け付けているか」「どのくらいの日数で返信するか」などの情報も載せておきましょう。よくある質問を掲載するのもおすすめです。

対策(1)必要なページを用意する

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • 運営者情報

以上 3 点のページを「固定ページ」で作成しておきましょう。「投稿」で作成すると、後述する利便性に影響してきます。

ナビゲーションが整っていない

ナビゲーション(=メニュー)が整っていないブログは利便性が悪く、ユーザーが必要な情報を見つけられません。

ヘッダーメニュー・サイドバーメニュー・フッターメニューを見直して、だれが見ても「どこをクリックすれば何の情報を得られるかがわかる」ように整理しておきましょう。これは AdSense の利用条件として明記されています。

サイトの利便性を高めるには、見つけやすく使いやすいナビゲーション バー(またはメニューバー)を用意することが大事です。

サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

利用しているテーマによってメニューの位置は異なりますが、ブログの特徴を伝える重要なページ(=カテゴリー)のリンクをヘッダーに配置し、それ以外のリンクはサイドバーやフッターに配置するのがおすすめです。

ブログの一般的なナビゲーションサンプル
ナビゲーション配置例

PC ではメニューが表示されているのにスマホでは表示されていない、というケースがたまにあるので注意してください。

スマホではメニューが折りたたまれており、ボタンをタップして展開される形になっているのは問題ありません。それでも、重要なページはできるだけ最初から表示しておくのが理想的です。

対策(2)ナビゲーションを整理する

ヘッダーやフッターのメニューに、必要なページ・重要なページへのリンクを配置しましょう。どのページから読み始めても迷子にならないような導線を考えてください。

アーカイブページが整理されていない

審査対象となるのは各投稿ページだけではなく、アーカイブページも含まれます。

きちんとメニューを設置していても、アーカイブページが整理されていないとナビゲーションとして不十分です。

サイトの複数のカテゴリやページで同じコンテンツを繰り返したり、他のソースからのコンテンツで複数のページやサイトを作成したりすることは避けてください。

サイトで独自性のあるコンテンツと優れたユーザー エクスペリエンスを提供する

WordPress が自動的に生成するアーカイブページは、以下のとおりです。

  • カテゴリーページ
  • タグページ
  • 月別ページ
  • 著者ページ

もし 1 人で運営しており、記事数が少ないのであれば「カテゴリーページのみ」で十分でしょう。

不要なアーカイブページへのリンク

タグの乱発によって不要なタグページがいくつも生成されているケースが多いので、よく考えずにタグ付けしていたのであればいったんすべてのタグを削除したほうがよいかもしれません。

月別ページや著者ページは自動的に生成されるため、どこからもリンクしない状態にしておきましょう。

記事数が少なく運営年数も短ければ、「月別ページ」「著者ページ」「トップページ」はほぼ同じ構成になっている(同じ記事が表示されている)と思います。

全記事一覧はトップページを見てもらい、分類された記事一覧はカテゴリーページを見てもらう、というシンプルな形からスタートしてみてください。

タイプ対策
タグページいったんすべてのタグを削除し、不要なタグページを乱立させない
月別ページサイドバーなどのウィジェットに配置している「アーカイブ」を削除する
著者ページどこからもリンクしない(どこに表示されるかはテーマによって異なる)

対策(3)アーカイブを整理する

WordPress は自動的に様々なページを生成するので、ユーザーに必要のないページは見せない(リンクしない)ようにしておきましょう。

アーカイブページに記事が 1 つしかない

アーカイブページが整理されていないと、「アーカイブページを見たときに記事が 1 つしかない」という状況に陥りがちです。

Google AdSense から届く審査落ちのメールに、「コンテンツの最小要件」と記されていた場合はほぼこの状況が該当していると考えてよいでしょう。

コンテンツにユーザーにとって有益な情報が含まれており、ユーザーがアクセスしやすいように整理されていることも重要です。

サイトで独自性のあるコンテンツと優れたユーザー エクスペリエンスを提供する

たとえば、運営者情報を「投稿」で作成し、同名のカテゴリーを作成した場合はこのケースに該当する可能性が高くなります。

トップページから「運営者情報」というカテゴリーをクリックし、そこに「運営者情報」という記事へのリンクが表示されている状態を想像してみてください。

運営者情報ページ
「運営者情報」カテゴリーページ例

「運営者情報」というカテゴリーページには記事が 1 つしかありませんから、コンテンツはほぼ無いに等しいですね。いちいちカテゴリーページを経由しないと運営者情報にたどり着けないので、利便性も低下しています。

また、前述のタグ乱発により、複数のタグページで同じ記事へのリンクが 1 つしかないのも、利便性が低くコンテンツとしても乏しいページとなります。

重複したタグページ

タグは使わないにしても、各カテゴリーに記事が 1 ~ 2 個しかない状態は避けたほうがよいです。

対策(4)カテゴリーを整理する

各カテゴリーに最低でも 5 記事以上は入れておきましょう。それぞれのカテゴリーには別の記事を入れてください。

特定のサイトに誘導する文言がある

Google AdSense 広告をクリックするよう誘導することは明確に禁止されていますが、他社の広告やランキングバナーへのクリック誘導も NG です。

Google 広告をクリックするようユーザーに促す行為は、どのような方法であっても認められません。

広告のプレースメントに関するポリシー

サイドバーや記事下などにランキングサイトのバナーを設置し、「ポチッとお願いします!」などクリックを誘っている場合は文言を削除したほうがよいです。

「1 日 1 回応援クリック♪」のような誘導も NG なので気をつけてください。

なお、審査通過後に SNS やメールでクリックをお願いする行為も禁止です。不正クリックは厳しくチェックされており、アカウント凍結につながる可能性もあるので絶対にやめましょう。

対策(5)リンクのクリックを誘導する文言を削除する

ランキングへの参加や Google 以外のアフィリエイト利用は問題ありません。そうしたリンクのクリックを誘導しているなら削除しておきましょう。

AdSense 審査に通らないサイトの特徴と対策(品質編)

サイトの構成に問題がないのに審査落ちするのであれば、記事の品質に原因があると見て間違いありません。

ブログ初心者によくありがちな NG 例をご紹介していきます。

薬機法などに違反している記事

Google は「 YMYL 」を厳しくチェックしています。YMYL とは「Your Money, Your Life」の略で、お金や健康に関わるジャンルのことです。

検索では、2018 年ごろから健康医療関連の分野を重点的にチェックしています。たとえば、「風邪 治し方」などで検索すると製薬会社や病院のサイトが上位を占めており、なんの資格も持たない個人が運営するサイトは 100 位圏内にすら入れなくなりました。

広告においては、健康医療や美容関連のコンテンツは薬機法や景表法といった法律が関わってきます。

ダイエットサプリのレビュー記事で「サプリを飲んだら痩せました!」と書いていたり、化粧品のレビュー記事で「アンチエイジング」という単語を使っているだけで即アウトです。

ブログで個人の体験を綴る場合、健康医療や投資など YMYL コンテンツが多くなるかもしれません。このジャンルは絶対に審査に通らないというわけではないものの、記事の書き方・表現の仕方によってはアウトになる可能性がかなり高くなっています

もし資格を持っているのであれば、それが第三者にもわかるような形で運営者情報などに掲載しておいたほうがよいでしょう(免許証の写真など)。もちろんその場合も、各種法令に準じたコンテンツにしなければなりません。

審査に合格するかどうかわからないグレーゾーンを攻めて何度も落ちるぐらいなら、潔く YMYL はあきらめて、それ以外の分野で勝負したほうがよいと思います。たとえ合格したとしても、AdSense を使い続けるかぎりずっとチェックされるわけですからね。

対策(6)YMYL を避ける

健康・医療・美容関連のコンテンツはかなり厳しくチェックされます。薬機法などに精通していなければ記事を書くのはかなり難しいので、それ以外のジャンルを検討したほうがよいかもしれません。

著作権・肖像権を侵害している

著作権や肖像権を侵害しているコンテンツがあると、問答無用で落とされます。

具体的に何が権利の侵害にあたるのか、きちんと理解していない方も多いですね。画像関連でアウトになっていることが多く、次いで引用の要件を満たさずただの転載になっているケースも多々見受けられます。

動画配信サービスを紹介する記事で、サービス TOP ページのキャプチャ(スクリーンショット)を掲載すると高確率でアウトです。

動画配信サービス キャプチャ例
  • サービスのロゴが写りこんでいる
  • 芸能人の顔やキャラクターが写りこんでいる

ロゴやパッケージデザインなどは特別に許可された場合を除いて勝手に使うことはできません。たとえキャプチャであっても NG です。

芸能人やキャラクター関連の権利は複雑なので、一般人が個々に許可をとるのはかなり難しいでしょう。こうした画像は使用を控えてください。

画像や文章は「引用すれば OK」と考えている方もいますが、引用と認められるにはいくつかの要件を満たす必要があります。

 他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

著作物が自由に使える場合 | 文化庁

アフィリエイト目的で商品を紹介するために画像を拝借する、というのは必然性にあたらないと思われます。だれの目にも問題ない使い方であればよいですが、そうでなければ使わないほうがよいでしょう。

対策(7)著作権や肖像権を侵害すると思われるコンテンツを削除する

Instagram の埋め込みなども著作権侵害とみなされる可能性があります。他人のコンテンツを使う場合は様々な権利の確認が必要となるので、大丈夫かどうか判断がつかないのであれば避けたほうがよいです。

オリジナルの情報がない

AdSense の利用条件として一番最初に掲げられているとおり、「高品質なオリジナルコンテンツ」がなければ審査に通りません。

他にも多数のサイトがすでに存在しているため、ユーザーの関心を引き付け、詳しく知りたいと思ってもらえるような、関連性の高い独自のオリジナル コンテンツを掲載しましょう。

サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

どのようなコンテンツが高品質にあたるのかは、ウェブマスター向けの Google 検索セントラルブログを読むのが一番わかりやすいと思います。

思いきり要約すると、「ネットで調べればすぐわかるような情報を並べているだけではダメ」ということですね。

言い換えれば、冒頭で触れたように「広告主がお金を出して広告を掲載したくなるページ」になっているかどうか、です。

厳しい言い方ですが、価値のある独自のコンテンツを提供できないのであれば、Google AdSense での収益化はあきらめたほうがよいでしょう。何らかのテクニックを使って審査に通ることはできたとしても、その後ずっと安定した収益を得るのは不可能です。

対策(8)体験談を中心にオリジナルの情報を発信する

自ら体験したことは、他のだれにも書けないオリジナルコンテンツです。ネットで検索してもわからない(わかりづらい)ことを書けば、それもまた価値のあるコンテンツになります。既存サイトのコピーや焼き直しではなく、「◯◯◯といえばあなたのサイト」を目指して価値を提供していきましょう。

まとめ

Google AdSense 初回審査に通るための対策をまとめると、このようになります。

Google AdSense 合格のためにやるべきこと

  1. 「プライバシーポリシー」「お問い合わせ」「運営者情報」ページを用意する
  2. わかりやすいナビゲーション(メニュー)にする
  3. アーカイブページは必要最低限にする
  4. わかりやすいカテゴリー分けにし、各カテゴリーを充実させる
  5. リンクのクリックを誘導する文言を削除する
  6. YMYL を避ける / または完全に対応する
  7. 著作権や肖像権の侵害にあたるコンテンツを削除する
  8. 価値のあるオリジナルコンテンツを増やす

Twitter などで「これをしなくても合格した!」というような報告も見かけますが、やれることはすべてやっておいたほうがよいです。

また、どうしても審査をクリアできないのであれば、Google AdSense ヘルプコミュニティで情報を探すか質問することをおすすめします。

AdSense 審査の合格は、ゴールではありません。ブログに広告を掲載するならこの先ずっとポリシーやガイドラインに沿ったコンテンツを作らなければならず、かつ収益を維持する努力も必要です。

ブログを楽しく運営しつつ、収益化もできていくとよいですね。もし困ったことがあればご相談ください。

それでは、また。

Author

Naifix 編集部
Web コンサルティング業務を中心に、サイト制作・コンテンツ販売・メディア運営代行業務を行っております。当サイト(Naifix)では、おもにブログ初心者向けのノウハウを無料で配信しています。

執筆・監修 Direx Marketing, Inc.