ブログ記事の最適な文字数とは?長文コンテンツが必ずしも検索上位を占めるわけではない

ドキュメント

「検索上位を目指すなら最低 3,000 文字必要」「キーワードによっては 500 文字でも十分」などなど、ブログ記事の文字数に関する意見は人によって異なります。

結論から言うと、記事の最適な文字数に正解はありません

なぜなら、文字数というのは「そのトピックについて読者が知りたいであろう情報を徹底的に書いた結果」だからです。また、検索順位は単純に文字数だけで決定されるものでもありません。もう少し詳しく解説していきます。

文字数を増やすと検索上位になりやすいのか

文字数を気にするのは、検索上位に入りたいからだと思います。では、長文にするほど検索上位になりやすいのでしょうか?

Ahrefs の調査によると、コンテンツの長さと検索順位には強い相関関係が見られるとしています。

Longer content will get you better rankings in the SERPs. This has been proven by multiple studies over several years.

The Non-Writer’s Guide To Creating “BIG” Blog Content

しかし、これは「相関関係」であって「因果関係」ではありません。

backlinko の調査でも、単語数と検索順位の間に直接的な関係はなかった、と結論付けられています。

However, despite the fact that long-form content tends to be best for link building, we found no direct relationship between word count and rankings.

We Analyzed 11.8 Million Google Search Results. Here’s What We Learned About SEO

つまり、検索上位になっているページは文字数が多い傾向にあるかもしれませんが、かといって文字数を増やしたから検索上位に入りやすいわけではない、ということですね。

検索上位に入るためにはそれなりの情報量が求められるものの、それはあくまでほんの一部分だけを見ているに過ぎない、とも言えます。

そのトピックについて徹底的に書いた記事が検索上位になれる

検索順位を決定する要因は 200 以上あり、どの要因がどう影響してくるのか、細かい部分は検索エンジンにしかわかりません。

しかし、「その記事が検索ユーザーの意図に応えたものかどうか」は最も重視すべき点です。文字数ではなく、以下の 2 つを意識しましょう。

  • 各記事のトピックについて検索ユーザーの知りたいことを理解する
  • 知りたいことに合わせて明確な答えを用意する

ひとつの記事でどのくらいの範囲(トピック)をカバーするかで、必要な文字数は変わってきます。たとえば「卒業式」という大きなトピックをカバーするには、かなりの情報量が必要です。

  • 卒業式はいつ頃行われるのか
  • 卒業式はどんな服装で参加すればよいのか(性別/年代別/参加者別)
  • どこで着付けを行ってくれるのか
  • BGM は何が一般的なのか
  • 送辞・答辞の文例は

ほかにも無数に出てくるでしょう。仮にそれらすべてを広範囲にカバーする記事を書くと、10 万文字を超える超長文コンテンツになるかもしれません。

では「高校の卒業式に出席する父親の服装」というトピックではどうでしょうか。「卒業式」という大きな括りと比べれば、情報量はかなり少なくなりますね。徹底的に書いても 5,000 文字ぐらいだと思います。

このように、文字数というのはそのトピックに関して読者の知りたいことを書いた「結果」であって、検索上位になるための目安ではないのです。

検索上位に入れるかは文字数だけで判断できない

それでもやはり書けば書くほど検索上位に入りやすいのでは、という考え方が抜けきらないのであれば、実際に上位サイトをチェックしてみてください。

例として ラッコキーワード で「ブログ 内部リンク 効果」というキーワードの検索上位ページを調べてみましょう。

ラッコキーワード「ブログ 内部リンク 効果」調査結果

現時点で検索 10 位以内のページは 4,500 ~ 10,000 文字ほどとかなり開きがありますが、この数値だけを見れば「このキーワードで検索上位に入るには最低 5,000 文字ぐらいは必要そう」だと思うかもしれません。

ではもう一つ、「ドラゴンボール」というキーワードを調べてみましょう。

ラッコキーワード「ドラゴンボール」調査結果

1 位の公式サイトは、たった 500 文字しかありません。では、それ以上の文字数で記事を書けば「ドラゴンボール」というキーワードで検索 1 位をとれるでしょうか?

いいえ、まず無理です。

検索ユーザーは公式サイト(の情報)を必要としていますし、文字数だけで検索順位が変動したらその検索サイトを使うユーザーはいなくなってしまうからです。

情報量の多さだけで勝負できるキーワードも存在するかもしれませんが、すべてのキーワードがそうとは限りません。もし検索上位を目指すなら、もっと多角的な視点で考えましょう。

長文コンテンツではなく洗練された文章を目指すべき

扱うトピックによっては、1 万文字近くの長文コンテンツになると思います。そこで問題になってくるのは、「読者の読み疲れ」です。

あなたもなにか知りたくて検索したとき、長文ページが出てきて情報を探すことに疲れた経験があるのではないでしょうか。

検索ユーザーの意図に応えるべく徹底的に書けば自然と文字数は増えますが、大切なのはいかに飽きさせず・疲れさせず最後まで読んでもらえるかです。

長文を書くことにこだわるのではなく、読みやすい文章を書くことに焦点を当てましょう。

読みやすい=洗練された文章

次の 2 つの文章を読み比べてみてください。

たとえどのようなブログ記事を書くのであっても、無理やり長く伸ばすのは不可能なことではありません。

どのような文章でも、無理やり長く伸ばすことは可能です。

後者のほうが読みやすいのではないでしょうか?

このように余計な単語を省いたり言い回しを変えるだけで、読みやすさはかなり変わります。少ない文字数で的確な表現ができるよう、ブラッシュアップしていきましょう。

検索ユーザーは「あなたの文章を読みたいのではなく、答えが知りたい」わけですから、読みづらい文章はマイナスポイントにしかなりません。

洗練された文章にする2つのポイント

洗練された文章を書くには、それなりの訓練が必要です。

しかし、2 つのポイントに気をつければ、今までよりもっと読みやすい文章になると思います。

(1)接続詞を減らす

接続詞がたくさん使われている文章はかなり読みづらくなります。

自分の文章を読み直したとき、「だから」「しかし」「また」「つまり」「ところで」などの言葉がたくさん出てこないでしょうか。

そうした接続詞は思い切って削除してみてください。

昨日久しぶりにボウリングに行きました。たしか、昨年の年末以来だからちょうど 1 年ぶり。そういえば、生まれてこのかたずーっと “ボーリング” だと思っていたけど、本当は “ボウリング” って表記するらしい。でも、意味が通じるならどっちでも良いと思いますけどね。

昨日久しぶりにボウリングに行きました。昨年の年末以来だからちょうど 1 年ぶり。生まれてこのかたずーっと “ボーリング” だと思っていたけど、本当は “ボウリング” って表記するらしい。意味が通じるならどっちでも良いと思いますけどね。

執筆者のクセがかなり出てくる部分ですが、意味が通じるのであれば削除しても問題ありません。

(2)一文を短く切る

読みづらい原因としてもうひとつあげられるのは、一文の長さです。

句点(。)までの一文を短くして、すっきりした文章を目指しましょう。適度な改行やリストの活用も効果的です。

1 ゲーム目はとりあえず練習ということでやってみたけど、僕のスコアは 98 点で友達は 120 点とどちらもショボイ結果に終わって、お互い酒のせいにしておきました。2 ゲーム目の本番はストライクでスタートして出足好調だったけど、スペアが全然とれなくて途中で逆転されて結局負けてしまいました。

1 ゲーム目はとりあえず練習。

  • 僕のスコア:98 点
  • 友だちのスコア:120 点

どちらもショボイ結果だったけど、お互い酒のせいにしておきました。2 ゲーム目の本番はストライクスタートで出足好調! でも、スペアが全然とれなくて逆転負けしました。

ブログ記事は小説と違って、一字一句読んでもらうものではありません。流し読みしやすいか、を意識して書くのがベストです。

あまりに短くバツバツ切っていくと淡々とした文章になるので、何度も読み直してサジ加減を調整しましょう。

その他のライティングテクニックは以下の記事で解説しています。

まとめ

「読まれる文章」や「売れる文章」ノウハウはたくさんあります。

そうしたノウハウを入手するだけでは、読まれる文章を書くことはできません。テンプレートに頼ったところで、モノが勝手に売れるようにはなりません。

ひたすら書いて、読み直して、また書く。この繰り返しが重要です。文字数を気にせず、的確な情報を伝えることに集中しましょう。

それでは、また。

Author

Naifix 編集部
Web コンサルティング業務を中心に、サイト制作・コンテンツ販売・メディア運営代行業務を行っております。当サイト(Naifix)では、おもにブログ初心者向けのノウハウを無料で配信しています。

執筆・監修 Direx Marketing, Inc.