ブログ記事がインデックスされない原因と解決策

本記事のポイント
  • ブログがインデックスされない原因は様々で、対策はサイトによって異なる
  • 個人ブログで技術的な問題が原因になっているケースは少ない
  • ほとんどは「品質」に問題がある
検索結果イメージ

「ブログ記事を公開したのに Google 検索にインデックスされない」という悩みを最近よく耳にするようになりました。とくに 2021 年からご相談件数が急増しています。

原因を探って対策するために、そもそもインデックスとは何なのか、どういう仕組みになっているのか、という基礎知識が必要です。検索サイトからの流入を伸ばしていくために、正しい知識を身につけておきましょう。

なお、感覚的に 9 割以上は品質の問題で、技術的な問題が原因であるケースはほとんどありません。

本記事はブログ初心者向けの解説です。robots.txt によるクロール制御やメタタグによるインデックス制御などは扱っていません。

Google 検索にブログ記事が掲載される仕組み

Google 検索の仕組みは、Google が公開しています。まずは公式の情報を一通り読んでみてください。理解しにくい点もあるかもしれませんが、ネット上に多数あるいい加減な情報よりも正確ですし、SEO を考えるなら避けて通れない道です。

インデックスとは

インデックスとは、Google が自身のデータベース(サーバー)にそのページの情報を保存する、という意味です。

通常、Google は大きく 3 つのプロセスを経て検索結果に情報を表示しています。

  • クロール
  • インデックス
  • ランキング

インデックスというのは、中間作業にあたるわけですね。あなたのブログ記事が検索結果に表示されていないなら、以下のいずれかに原因があると考えてよいでしょう。

  • まだクロールされていない
  • クロール後にインデックスされていない
  • インデックされているのに順位がかなり下になっている

「ブログ記事がインデックスされない」と一口に言っても、まだクロールされていない場合もありますし、何らかの問題があってインデックスされていない場合もあります。

それぞれの対策を考えるために、検索結果に表示されるまでの流れをもう少し細かく見てみましょう。

Google 検索に掲載されるまでの流れ

検索結果に表示されるまでの流れを細分化すると、5 つのプロセスに分かれます。

クロールキュー

Google がリンクや XML サイトマップを通して Web ページを発見し、その URL をリスト化します。これからクロールするページの一覧がある、というイメージです。

クロール

クローラー(Googlebot)がクロールキューのリストを巡回して情報を収集します。そこで新たなリンクが見つかったときは、クロールキューに追加されます。

レンダリング

インデクサーがレンダリング(人が見るのと同じページを再現する)を行います。

インデックス

1 ~ 3 の行程(これをまとめて「クロール」と称することが多い)で収集した情報をデータベースに登録します。

ランキング

ユーザーが Google で検索したとき、そのキーワードに応じて最適な Web ページをインデックスから探し出して表示します。検索順位はアルゴリズムによって自動的に決定されます。

もしクロールキューの段階で問題がある(= Google がページを見つけていない)なら、その後のプロセスに対する最適化を行っても意味がありません。検索結果にブログ記事が表示されないときは、現状をしっかりと把握しておきましょう。

どこで問題が起きているかは、Search Console である程度見抜けますので、具体的な施策と共に解説していきます。

クロール最適化

Google 検索にインデックスされるために、「記事を見つけてもらう」「記事をクロールしてもらう」ためのクロール最適化が必要です。

WordPress を含む一般的なブログは、よほど変な造りになっていないかぎり全記事にリンクがつながるようになっています。ホームページ(トップページ)が Google に認識されていれば問題なくリンクをたどってくれますから、とくに施策を講じる必要はありません。

ホームページからのリンク例

「自分のブログが変な造りになっていないか」だけ確認しておきましょう。以下 4 点をチェックしてみてください。

  • ヘッダーメニューから重要なページ(=カテゴリーページ)にリンクしているか
  • サイドバーなどからも重要なページにリンクしているか
  • ホームページで新着記事を表示しているか
  • 関連性の高い記事同士が内部リンクでつながっているか

リンクがまったくつなげられていない孤立したページがないか、ツールでチェックするのもよいですね。

URL 検査で認識状況を確認できる

記事が Google に発見されているか・認識されているかは、Search Console の URL 検査で確認できます。

カバレッジに「URL が Google に認識されていません」と表示されているなら、まだクロールキューに追加されていません。

URL検査結果「URLがGoogleに認識されていません」

記事を公開した直後であれば、そのまま放置しておいてもクロールキューに追加されるはずです。もし長期間認識されていない状態なら、「インデックス登録をリクエスト」してみてください。

インデックス登録をリクエスト

リクエストしても必ずクロールされるとはかぎりません。すでに Google 検索にインデックスされている、関連性の高い記事からリンクするほうがクロールされる確率は高くなります。

XML サイトマップを送信する

クローラーは、リンクのほかに「XML サイトマップ」からも URL を発見します。

WordPress は XML サイトマップ生成機能がありますから、それを Search Console から送信(登録)しておくのもよいでしょう。URL は以下のようになっています。

※ プラグインで生成している場合は URL が異なります

https://example.com/wp-sitemap.xml

Search Console の「サイトマップ」に URL を入力して送信してください。

Search Console サイトマップ送信

数百記事ぐらいのブログであれば、XML サイトマップを送信しなくてもきちんとクロールしてくれます。ブログを始めた直後など、数記事しかないなら送信しなくても問題ありません。

もしクローラーがきていないようであれば、XML サイトマップを送信していないからではなく、別のところに問題があると考えたほうがよいでしょう。

それでもクロールされない場合

内部リンクがきちんとつながっており、XML サイトマップも送信している状態でクロールされていないなら、それ以上できることはありません。

Search Console のカバレッジ除外レポートで「検出 – インデックス未登録」の対象となっているページは、クロール待ちの状態です。

検出 - インデックス未登録

「記事を公開したら Google が必ずクロールしてくれる」という考えを捨て、クロールを気にせず記事の更新に集中しましょう。それが検索ユーザーに必要な記事であれば、時間はかかってもクロールされます。

とくに、まだブログを始めて間もないのであればクローラーが巡回する頻度は不安定です。

サイトやページが新しい場合は、まだクロールやインデックス登録自体が行われていないことが理由で、Google インデックスに含まれていない可能性があります。新しいページが公開されてから Google によるクロールが行われ、さらにインデックスに登録されるまでには、しばらく時間がかかります。インデックス登録が完了するまでにかかる時間は、一般的に合計で 1 日から数週間と、さまざまな要因によって変動します。

Google 検索で自分のページが見つからない場合 – Search Console ヘルプ

ブログの場合、技術的な問題が原因でクロールされない、というケースはほとんどありません。定期的にクロールする価値があると認識されるまで、地道にブログを育てていきましょう

インデックス最適化

クロールされているけどインデックスはされていない、というのはよく見られる症状です。

Search Console のカバレッジ除外レポートで「クロール済み – インデックス未登録」になっているページが該当します。

※ カバレッジはリアルタイムで反映されないため、すでにインデックスされている場合もあります

クロール済み - インデックス未登録

レポートには記事以外にもアーカイブページや画像なども含まれているので、別のツールを使って調べたほうがわかりやすいと思います。

該当しているページは URL 検査でも同じ表示です。

URL検査 クロール済み - インデックス未登録

記事の内容を一切変更せずに、またはちょっとした変更を加えて何度もインデックス登録をリクエストしても意味がありません。

クロール最適化と同じく、ブログの場合は技術的な問題が原因であることは少なく、ほとんどが記事の品質の問題です。

インデックスされるためには高品質な記事が必要

いくら Google と言えど、情報を無限に保存しておけるわけではありません。発見しているページだけで「兆」を超えており、さらに毎日新しいページが生成されていますから、あらかじめ選別してインデックしなければあっという間にパンクしてしまいます。

どのページを優先して保存するか、となると、やはり「検索ユーザーが必要とする高品質な記事」が選ばれるのは当然のことです。

Google が公言しているわけではありませんが、2021 年秋ごろから選別水準が上がったと思われます。

数年前であればインデックスされていたページが、現在はインデックスされなくなった、ということですね。

もし何らかの方法で無理やりインデックスさせる方法があったとしても、水準に達していないページは容赦なく削除されるでしょう。一度インデックスされたから安泰というわけではありません。

この水準を数値化することはできず、何か一つの施策を行えば大丈夫というものでもありません(タイトルにキーワードを含めれば OK など)。記事全体・ブログ全体の品質を改善していかなければインデックスされることはないと考えてください。

品質改善のためのガイドラインは、Google 検索セントラルに掲載されています。

繰り返しになりますが、技術的に何か不足しているわけではなく、すでにインデックスされている他サイトのページと比較して劣る部分があるためインデックスされないケースがほとんどです。

ランキング最適化

インデックスされた時点で最低限の品質水準に達していると考えてよいと思います。そこから検索上位(10 位以内)を目指すのであれば、他のサイトをはるかに上回る品質が必要です。

Search Conosle のヘルプには、「掲載順位が低下する原因」がいくつか記載されています。

他のサイトの品質や関連性が向上している。シークレット モードでいくつかのキーワード検索を実行して、ご自身のサイトよりも掲載順位が優れているサイトを確認し、その理由を考えてみます。他のサイトは、ご自身のサイトよりも有用で、充実した、または最新の情報を掲載していませんか?

サイトのコンテンツが古くなっているか、正しくない、または以前よりも有用性が低下している。サイトには、正確かつ有用で最新の情報を掲載するようにしてください。

サイトのトラフィックが減少した理由 – Search Console ヘルプ

検索順位は、様々な要素をもとに相対的につけられるものです。何か一つの施策だけで上位を目指すのは不可能に近く(10 年以上前は可能でした)、やれること・やるべきことをすべて実施するぐらいでなければ勝てません。

また、「何を書いているか」だけではなく「だれが書いているか」も重要な指標となっています。キーワードによっては、どこのだれが書いたかわからない素人意見の記事は上位にまったく出てきません。

インデックスされても検索順位が低いままなら、検索上では存在しないのに等しい状態です。何度も記事を読み直してひたすら改善していきましょう。

まとめ

「インデックスされないときは Search Console からリクエストすれば OK」と考えている方も多いようですが、状況によって最適な施策は異なります。あっさりインデックス登録される場合もあれば、何度リクエストしてもまったく変化なしという場合もあるでしょう。

検索結果に表示されるために必要なのは、次の 3 点です。

  • 定期的にクロールする価値があると思われるブログにする
  • インデックスする価値があると思われるブログにする
  • 他サイトに比べてはるかに質の高いブログにする

「価値」というのはとても曖昧な表現ですが、まずは自分の書きたいことではなく検索ユーザーの知りたいことを書けるレベルを目指すのがよいと思います。

インデックスも検索上位もゴールではないので、ブログの目的・目標をしっかり見据えながら一歩ずつ前進していきましょう。

それではまた。

Author

Naifix 編集部
Web コンサルティング業務を中心に、サイト制作・コンテンツ販売・メディア運営代行業務を行っております。当サイト(Naifix)では、おもにブログ初心者向けのノウハウを無料で配信しています。

執筆・監修 Direx Marketing, Inc.