2017/02/1024 Shares

日記ブログで稼ぎたいなら売り込むのではなく実体験と感動を伝えよう

日記

『ブログアフィリエイトなら文章を書くだけで簡単そうだし、手っとり早く楽にお金を稼ぎたい』

そう思ってブログを始めると、いったい何を書けば良いのかわからない という壁にぶつかることが少なくありません。

たぶん「ブログ 稼ぐ方法」なんかで検索すると思いますが、情報販売者やアフィリエイターにとっては格好のエジキとなってしまいます。そうすると、結果につながらず何万円も出して買ったノウハウだけがパソコンに残って終わり、なんていうことにもなりかねません。

そんな状況を回避していただくために、日記ブログで稼ぐためのコツを少しお話します。

お金を稼ぐ目的ではなくても、書けない人がいる

『お金を稼ぐためにブログを書きたい。でも何を書けばいいの?』という方は多いですが、お金が絡んでいなくても何を書いていいかわからない方もいます。

いざ管理画面にログインして書こうと思っても、最初は何を書けばよいのかとか、下手なこと書いたら誰も読んでくれないとか、考えるだけで手が止まってしまうのです。

書かないと何も始まらないのに、書く前からあーだこーだ考えちゃって動けない。そんなことありませんか?

Webサイトやブログを作ることが目的になっていませんか?

僕はインターネットが普及するちょっと前から企業のホームページを作っていましたが、ブロードバンドが一般的になってから自社の Web サイトを作りたいという会社がどんどん出てきました。

でも、「作る」ことがゴールになってしまっていて、作ったはいいけど何を載せてよいかわからない企業が大半だったように思います。

『こんな感じでかっこよく社名を出して!』みたいなデザイン面の要望は出てきますが、『で、何を載せたらいいの?』と聞かれることがほとんどだったのです。

このように、作れば何とかなると考えている方は今でも多いですね。

ブログを書いてコンテンツマーケティングに着手したい、SNS を活用して集客につなげたい、という企業も、『やれば集客できるんでしょう?』で止まっています。

お金を稼ぎたくて始める個人ブログも似たようなものじゃないでしょうか。

ブログアフィリエイトで考えるべき2つのアプローチ

アフィリエイトで稼ぐなら、大きく 2 つのアプローチがあります。

  • 商品にあった記事を書く
  • 記事に合わせた商品を探す

どちらが正解とは言えません。あなたに合ったものを選択してください。

商品に合わせて記事を書く

まず「商品に合わせて記事を書く」場合。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)から商品を探し、単価や成約率をチェックし、その商品を売るために記事を書きます。

自分が得意なジャンルならよいですが、報酬単価の高さだけで選ぶならまったく知らないジャンルに飛び込む必要もあるでしょう。そうなると、そのための知識をイチから習得する必要があります。

売れる商品を扱う=競合が強い、というケースが多いので、一筋縄ではいきません。上位表示を目指すためには、競合よりも圧倒的に優れた記事を書かなければならないのです。

ものすごく面倒で時間がかかるので、手を抜いて他人様のブログやサイトをコピーする人もたくさんいます。当たり前ですが、これだと検索圏外のままなので、何も結果を残せず終わってしまいます。

記事に合わせて商品を探す

ふたつめは、「記事に合わせて商品を探す」方法です。

この場合は自分の得意なジャンルで攻めることができますが、市場がものすごく小さかったり、ニッチすぎてアフィリエイトできる商品がなかったり、という可能性も十分考えられます。

ただ、世の中にはマニアが少なからずいますので、そこにピンポイントで情報を届けることができれば売れないということはありません。マニアックになるほど競争相手が減るので、たまにお宝が眠っていることもあります。

これからアフィリエイトを始めるなら、たとえ報酬が少なくても 自分の好きなジャンルで攻めていく のがおすすめです。感覚がつかめてきたら手を広げるのがよいでしょう。

日記ブログで稼ぐためのコツ

日記

日記ブログで稼ぐのは難しい、とおっしゃる方もいますが、たしかに単なる日記では何も売れないかもしれません。月に 3 円にしかならなかった、というのもザラです。

でも、コツをつかめば月に 1 万円稼ぐことは十分可能です。

売るために必要なプラスアルファの部分

たとえ日記でも『何書いていいかわかんない』という人もいます。それは、毎日を漠然と過ごしているからかもしれません。

いくら気軽に書ける日記だからといっても、ネタを探す努力は必要 です。

芸人のようにおもしろおかしいネタを探す必要はありません。ラーメンを食べたとか、スマホを買い替えたとか、そんな話から深く掘り下げていけばいいんですよ。

ラーメンを食べに行ったら、丼に「喜」の文字が2つ書かれていました。調べてみると、それは双喜文という図柄で、本来は結婚を祝うめでたい文字のようです。ラーメン丼には、その他に3つのメジャーな図柄があって・・・

こんなうんちくでかまいません。

大切なのは、ブログは「誰かに読まれることを前提としたもの」ということです。

ただ自分の行動を報告するのではなく、読者にとってプラスとなる情報を入れるようにしてみてください。

全記事にアフィリエイトリンクをのせる必要はない

お金を稼ぐことばかり考えて目が「¥」になっていませんか?

そんな状態で記事を書くと、売りこみ色が前面に出てきます。そうすると読者には嫌われてしまうでしょう。誰だって売りつけられるのはいやなものです。

すべての記事で売る必要はありません。ラーメン丼のうんちくを紹介して、無理やりラーメンを売らなくてもよいのです。ここぞという時にのみアフィリエイトリンクを載せてみてください。

実体験をもとに感動を伝えよう

商品を売るということは、自分を売るということです。

でもあなたはセールスマンじゃありませんし、直接会って対面で売るわけでもありません。となると、あなたの実体験を切り売りするのが一番です。このとき忘れてはならないのが、感動を付け加える ということです。

その商品を買って使ってみたら予想以上のできで、ビフォーアフターはこうなりました、という記事で大丈夫です。ぜひ買ってくださいとか、そんな売り文句は要りません。

売ってはいけません。感動を伝えて商品を使った未来を疑似体験してもらうことだけ考えてください。

雑記ブログでも稼げます

ブログで稼ぐためのノウハウには「1 サイト 1 テーマ」と書かれていることが多いですね。ラーメンのサイトを作ってラーメンについてのみひたすら書く、という感じです。

これはひとつの正解ですが、それじゃなきゃ絶対に稼げないというわけではありません。

とくに日記ブログだと、ひとつのサイトで複数のテーマを扱うことになります。もしかするとカテゴリーが何十個もできるかもしれません。

でも、それでいいのです。ブログを書き続けることだけ考えてください。その日記ブログはとても大切な役割を担っています。記事を書く練習、カスタマイズの練習、売れる商品を探すための下積みになります。

断言します。結果はすぐに出ません

ネットは魔法の世界ではありません。ブログアフィリエイトを始める=明日からお金持ちになれる、という考えは捨てましょう。

リアルに起業してお金を稼ぐことに比べれば、ネットのほうが結果につなげやすく資金もそれほど必要としません。でも、誰でも簡単に始められるということは、それだけ稼ぐのも難しいということです。

「早ければ 1 ヶ月で月 10 万円稼げるようになります!」なんて甘い言葉に惑わされないでくださいね。何年たってもまったく稼げない人はたくさんいる、という事実から目を背けてはなりません。

よほどの天才か強運の持ち主でなければ、時間がかかって当たり前です。

最終的に、いかに根気よく信念をもってつづけられるか、がポイントになってくるでしょう。

もし今すぐ稼ぎたいなら

借金の返済で苦しんでいるとか、切羽詰った事情があるとか、来月はお気に入りのキャバ嬢の誕生日だとか、できるだけ早急にまとまったお金が必要かもしれません。

そんな状況でブログアフィリエイトを考えないほうがよいです。真面目な話、今すぐ求人誌でバイトを探したほうが確実に稼げます。働けない事情があるからといってブログアフィリエイトを始めても、お金は稼げません。少ない貯金がゼロになるだけです。

インターネットで稼ぐためには、アルバイトより苦しい勉強と努力が必要です。

日記ブログひとつ作れないとか、1 ヶ月も継続して書けないとか、そんな状態であれば潔くあきらめましょう。この先どんな方法でも成功することはありません。

自ら何も動こうとせず、楽な方法ばかり追い求めていたら結果につながりませんよ。

それでは、また。