2015/05/01140 Shares

ブロガーなら知っておきたい優良Webサービス・ツールTOP16

Webツール16選

インターネットの中でものすごく大きな位置を占めるようになったブログ。現存するトップサイトのなかには、ブログに端を発したものも少なくありません。

ブログがここまで人気となった理由のひとつに「敷居の低さ」が挙げられます。つまり、比較的アクセスを集めやすい、HTML を知らなくも簡単に情報を発信できる、そして多くのサービスが無料で使える、ということ。

始めるきっかけは、ビジネスを成功させるためだったり、自分の趣味を熱く語ったり、創作意欲を高めたりと様々。ついでにお小遣い稼ぎができる、というのも魅力のひとつかもしれません。

さて本日は、ブロガー向けの優秀なツールや Web サービスを紹介いたします。日本ではあまり知られていないものを中心にご紹介するので、気になるものがあったらぜひ使ってみてください。

ブログデザインツール

簡単にロゴを作れるLogaster

Logaster は無料で使えるオンラインのロゴメーカー。

こんな感じの特徴のあるプロ並みのロゴデザインが、たった 4 ステップで簡単に作れる優れものです。

Naifixロゴサンプル

まず、ロゴにしたい名前とビジネスタイプを入力。たくさん出てくるロゴサンプルからひとつを選んで、色や配置を編集して完了。小さいサイズは無料ダウンロードできます(透かし入り)。

画像形式は PNG、PDF、SVG、JPEG から選べて、ファビコンも作成可能です。

凝った画像も作れるCanva

Canva はビギナーからプロまで使える無料のデザインツール。

あらかじめ備えられているテンプレート、または自分で作成したテンプレートに基づいて、SNS 投稿やブログ記事用の画像を作ることができます。

コピーや編集作業が簡単にできるので、ありきたりなアイキャッチ画像に飽きてしまったとき、他のブログと差をつけたいときに使ってみてください。

高機能画像編集ツールPicMonkey

PicMonkey はオンラインで使える画像編集サービス。30 日間無料で使えます。

Photoshop を買うほどでもないし、かといって PowerPoint の画像編集では物足りない、というときの選択肢になるかもしれません。

PC にインストールする必要がないので、どこからでも使うことができます。直感的な画像加工ができるので、編集が苦手な方にもおすすめ。

コンテンツ用ツール

Google AdWords キーワードプランナー

Google 純正のキーワードツールを使えば、Google で検索される記事の見出しや記事本文の適切なキーワードの組み合わせを探すことができます。

でも、ただキーワードを並べれば検索上位になるというわけではありません。キーワードプランナーのデータは記事の見出しを決めるために使うというより、キーワードの需要を大まかに把握するために使うのがよいでしょう。

あまりにキーワードを意識しすぎると、かえって検索順位に悪影響を及ぼします。

シェア数順位がわかるBuzzsumo

Buzzsumo は特定のキーワードに対する検索順位ではなく、シェア数順位を調べられるツール。

コンバージョン率の高いコンテンツを作りたいなら、いつもとは違った角度からライバルサイトを検証すると何か見えてくるものがあるかもしれません。

もちろん日本語にも対応していて、ある程度ニッチなコンテンツでも分析することができます。キーワードやトピックを検索し、ウェブ上でどんな記事がそのキーワードやトピックを使っているか見てみましょう。

自分のブログドメイン名を調べると、上位記事を誰がシェアしてくれて、どのくらい影響力があったのか、というのも見ることができます。

SNS予約投稿ならBuffer

Facebook や Twitter の予約投稿ができる Buffer。

投稿したい時間を分単位で指定でき、簡単な解析機能もついているので SNS に投稿する最適な時間帯を分析して調整することができます。

詳しい使い方は以前記事にしているので、そちらをご覧ください。

参考Bufferはこんなに便利!Twitter自動投稿をブログ運営に役立てよう

HTML整形ツールWord2CleanHTML

Word2CleanHTML はテキストをコピペするだけで HTML に整形してくれるオンラインツール。

もし Microsoft Word や Evernote、Google ドライブ等でブログ記事の下書きを書いて、その後ブログのエディタにコピペして投稿しているなら便利かも。

Word で太字に設定したものに自動的に <strong> タグを付与してくれる、というような機能もあります。

ソーシャルシェア・コメントツール

シェアボタンAddthis.com

国内のサイトではあまり見かけなくなりましたが、Add This はシェアボタンを簡単に実装できるツールです。

WordPress プラグインもあるので、どうしてもシェアボタンの設置がうまくいかないなら試してみるとよいかも。

SNS連携可能なコメントツールDisqus

コメント管理システム Disqus は国内の WordPress でも利用数が多いですね。

2007 年のリリースから、今では 75 万以上のウェブサイトで使われているようです。

ブログ記事内のコメントを活用したいなら、ブログサービスにデフォルトで備えられているコメントフォームより使い勝手がよいかもしれません。

SEO ツール

被リンクチェックならMajestic

日本語にも対応している Majestic は細かい分析ができる SEO サービス。

無料アカウントでは新しい被リンクやリンク切れなど上位 10 件を調査することができます。

自分のブログはアクセス解析やウェブマスターツールでチェックできるので、ライバルブログを調べたいときに使うのがよいでしょう。

SPAM SCOREが気になるOpen Site Explorer

Open Site Explorer も、自分のブログやライバルブログの被リンクを調査できるツールです。

また、ドメイン・オーソリティやページ・オーソリティのランキングも確認できます。

最近になって「SPAM SCORE」という指標が追加されたので、一度調べてみるとよいかもしれません。

他ブログのアクセス数までわかるSimilarWeb

もはや知らないブロガーはいない、というぐらい有名な SimilarWeb。

ライバルブログの PV 数がわかってしまうのも驚きですが、ユーザーがどんなキーワードでどこからきているのか、ということまでわかってしまいます。

完全なデータではありませんが、参考程度には十分です。

メールマーケティング・リードジェネレーション

HTMLメルマガ配信ならMailChimp

MailChimp は手軽に HTML 形式のメールマガジンを配信できるツール。月間 12,000 通(2,000 人)まで無料で利用できます。

日本語に対応しており、ブログにメルマガ登録フォームを貼り付けることも可能。

メールを活用しているブロガーはまだ少ないので、ライバルに差をつけるポイントとなるかもしれませんね。

トップにお知らせを表示できるHellobar

Hello Bar はブログのヘッダー上部にメッセージやリンクを表示するための小さなメニューバーを設置できるツール。

最新のニュースを表示する、SNS フォローを促す、メールアドレスを取得するなど使い方は様々。A/B テストもできる優れものです。

メールアドレス取得にSumoMe

SumoMe はおもにメールアドレスを取得するのに使われる高機能ツール。

数年前に日本でも流行った “ホバーウィンドウ” といえばわかりやすいでしょうか。いまだに海外のブログでは多用されています。日本では嫌われがちなので使いどころが難しいかもしれません(怪しげなセールスレターっぽくなります)。

ヒートマップ分析やスクロール分析を行うこともできますが、残念ながら日本語の情報は皆無。WordPress プラグインもあるので、いちはやくレビューを書けば検索トップ確定だと思いますw

ブログ分析

ド定番Google Analytics

もはや説明不要の Google Analytics ですが、使いこなすのにはかなりの説明を必要としますね…。

ブロガーのなかでは「とりあえず」入れておくという感じだと思いますが、アクセス解析はただ PV や参照元を追いかけるものではありません。

ブログの目的に応じてきちんと使いこなせるようになれれば、トップブロガーも夢じゃない!?

まとめ

以上、ド定番のツールから国内サイトではあまり紹介されていないサービスのご紹介でした。

ほかにも「こいつはすごい!」というのがあったらぜひ教えてください。または、「こんなサービス始めました!」というのがあればブログでご紹介したいと思います。

それでは、また。