2015/03/0510 Shares

日記ブログで稼ぎたいなら実体験と感動を伝えましょう

happy

ブログでお金を稼ごうと思う人の大半がぶつかる壁。

それが、「ブログにいったい何を書けば良いのかわからない」というもの。一番肝心な部分がわからないのにお金を稼ごうと思うこと自体おかしな話。そこに目をつけた情報販売者やアフィリエイターは様々な商品を売りつけます。

結局、PCには数万円で買ったPDFファイルがゴミとして残って終わり、というのはよくあること。僕のお金じゃないですが、もったいないので超基本的なことを教えます。実際、教えたことがある内容を簡単にご説明します。

お金を稼ぐ目的ではなくても、書けない人がいる

ブログアフィリエイトという意識が強すぎて書けない人もいます。

下手なこと書いたら誰も読んでくれないとか、こんな書き方じゃ物は売れないとか。書かないと何も始まらないのに、書く前からあーだこーだ考えちゃって動けないのです。

でも、お金が絡んでいなくても「何書いていいかわかんない」状態の人もいます。

会社のHPやブログも作りたい!けど、何書こう?

僕はインターネットが普及するちょっと前から企業のサイトを作っていました。

その後、ADSLが普及しはじめてから、流行に乗って自社のWEBサイトを作りたいという企業が増えました。でも、大半の企業はサイトに何を載せてよいかわからない状態。

作りたいけど何を載せたら良いでしょう、と逆に聞かれることがほとんど。作ってみたいだけで、何のために作るかという目的がはっきりしなかったのです。そういう会社ほど、社名をでかでかと載せたがります。

現在はブログを書きたい、Twitterでつぶやきたい、Facebookページを作りたい、という企業が増えています。いずれも、やれば集客できるんでしょう?という考え。

ご想像どおり、素敵なデザインのブログやFBページを作ってさしあげても、何書いていいかわかんないと言われます。

さて、あなたなら何を書きますか?答えがわかるなら、これからいくらでも自分のサイトが作れますよ。

ブログアフィリエイト、2つのアプローチ

アフィリエイトで稼ぐなら、商品にあった記事を書くか、記事に合わせた商品を探すか、のどちらかです。

商品に合わせて記事を書く

前者は、ASPで単価や成約率をチェックし、その商品を売るために記事を書きます。当然、知らない世界のことを書く場合があるので、そのためにあちこち調べまくる必要があります。

ものすごく面倒で時間がかかるので、手を抜いて他人様のブログやサイトを複製するアホも出てきます。また、髪がふさふさなのに禿げて悩んでいる人を演じるアホもいます。どちらもわりとすぐに消えます。

記事に合わせて商品を探す

後者は、記事のテーマを決めてから商品を探すので、ものすごく市場が小さい場合は苦労します。

ただ、世の中にはマニアが少なからず存在しており、どんな商品であれ売れないということはありません。マニアックになるほど競争相手が減るので、たまにお宝が眠っていることもあります。

僕がお勧めするのはこちらの手法です。

日記じゃ売れない?じゃあ売れる日記にすればいい

日記

何十人か忘れましたが、僕が教えたのは日記ブログで稼ぐ方法です。

有名人じゃないので、単なる日記では何も売れません。よくて月に3円ぐらいなら稼げると思いますが。どうせなら最低でも月に1万円は稼いでおきましょう。

売るためにはプラスアルファを

たとえ日記でも何書いていいかわかんない、という人もいます。それは、毎日を漠然と過ごしているから。ネタを探す努力をしていないのです。

芸人のようにおもしろおかしいネタを探す必要はありません。ラーメンを食べたとか、スマホを買い替えたとか、そんな話から深く掘り下げていけばいいだけの話です。

ラーメンを食べに行ったら、丼に「喜」の文字が2つ書かれていました。調べてみると、それは双喜文という図柄で、本来は結婚を祝うめでたい文字のようです。ラーメン丼には、その他に3つのメジャーな図柄があって…

こんなうんちくでいいのです。

全記事にアフィリエイトリンクをのせる必要はない

お金を稼ごうと思うと、売りたい色が前面に押し出されます。そして、それは拒絶されます。

もし全てが売ることしか考えていない記事のブログだったら、せっかく訪れてくれた方は全力で逃げます。二度と戻ってきません。ラーメン丼のうんちくを紹介して、ラーメンを売る必要はありません。

ここぞという時にのみアフィリエイトリンクをのせましょう。

実体験をもとに、感動を伝える

商品を売るということは、自分を売るということです。

でも、あなたはセールスマンじゃありませんし、直接会って対面でアフィリエイトするわけじゃありません。となると、あなたの実体験を切り売りするのが一番です。忘れてはならないのが、感動を付け加えるということです。

その商品を買って使ってみたら予想以上のできで、ビフォーアフターはこうなりました、という記事でOK。ぜひ買ってくださいとか、そんなの要りません。

売ってはいけません。感動を伝えるだけです。

ひとつのサイトでひとつのテーマ?

よく言われるのが、1サイト1テーマです。ラーメンのサイトならラーメンについてひたすら語る、という。

それは正解です。

しかし、それじゃなきゃ稼げないというわけではありません。日記の場合、1つのサイトで複数のテーマを扱うことになります。もしかするとカテゴリーが50個ぐらいできるかもしれません。

でも、それでいいのです。ブログを書き続けることだけ考えてください。その日記ブログはとても大切な役割を担っています。記事を書く練習、カスタマイズの練習、売れる商品を探すための下積みになります。

断言します。結果はすぐに出ません

ネットでお金を稼ぐ=明日からお金持ちになれる、というわけのわからない発想の持ち主がいます。

おそらく、リアルに起業してお金を稼ぐことに比べたらネットのほうが結果が出るのは早い、という話がかなりよじれまくって伝わったのでしょう。

早ければ1ヶ月で月10万円稼げるようになります、とおっしゃる先生もいますが、あなたは天才じゃないし運もそこそこなのでもっと時間はかかります。3ヶ月で1万円稼いだ人もいれば、1年で10万円稼いだ人もいます。

すべての人に平等な結果が出ることはまずありません。誤解しないよう注意してください。

今すぐ稼ぎたいならバイトしてください

借金の返済で苦しんでいるとか、切羽詰った事情があるとか、来月はお気に入りのキャバ嬢の誕生日だとか、できるだけ早急にまとまったお金が必要かもしれません。

そういう方にネットビジネスはお勧めしません。今すぐ求人誌でバイトを探してください。働けない事情があるからといってブログアフィリエイトを始めても、お金は稼げません。少ない貯金がゼロになるだけです。

インターネットで稼ぐためには、アルバイトより苦しい勉強と努力が必要です。

日記ブログひとつ作れないとか、1ヶ月も継続して書けないとか、そんな状態であれば潔くあきらめましょう。この先どんな方法でも成功することはありません。

自ら何も動こうとせず、楽な方法ばかり追い求めていて結果が出るわけがないのです。日記ぐらい書けますよね?

それでは、また。