2016/09/0124 Shares

Googleアナリティクスの直帰率が低すぎる原因はトラッキングコードの重複

graph

WordPress に Google Analytics を導入する方法はいろいろあるため、知らないうちにトラッキングコードが重複している可能性があります。

トラッキングコードが複数あると PV が本来の 2 倍以上でカウントされたり、直帰率が異様に低くなるなど、正確なアクセス解析ができなくなってしまうのでご注意ください。

とくに直帰率が 1 %など一桁になっていたら、ほぼ間違いなくトラッキングコードが 2 つ以上設置されています。

直帰率とは

Google Analytics のレポートには、いくつかの基本となる数字が表示されますよね。

Google Analytics 直帰率

このうち、直帰率とは何なのでしょう。

アナリティクスのヘルプにはこのように説明されています。

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション)の割合

たとえば、検索サイトから記事 A にアクセスしてきたユーザーが、他のページを見ることなくまた検索サイトに戻ってしまったら。

直帰率100%の例

そう、直帰率 100 % ですね。

一般的なブログで記事がひとつしか読まれないのはちょっと寂しいので、関連記事へのリンクや人気記事の表示で直帰率を下げる施策を考えることになります。

直帰率の目安は一概に言えませんが、情報量の多いポータルサイトで 20 ~ 30 %といわれています。ブログだと 70 %前後なら優秀ではないでしょうか。

ところが、ポータルサイトをはるかに下回る「直帰率 1 %」や「0 %」という数字が出てくることがあります。これはほぼトラッキングコードを複数設置していることが原因です。

Google Analytics導入時の注意点

テーマやプラグインの機能に注意

WordPress にトラッキングコードを設置する方法は大きく 2 通りあります。

  • トラッキングコードをテーマに直接コピペ
  • プラグインやテーマにトラッキング ID を記入

コードはプロパティで取得できます。

トラッキングコード

このコードを header.php や footer.php にコピペすれば、解析がスタートします。

ところがテーマやプラグインによっては、トラッキング ID をいれるだけでコードを自動的に挿入してくれるものがあります。

SEO プラグインで有名な「All in One SEO」だと、こんな入力欄があって…

All in One SEO トラッキングID

トラッキング ID をいれて保存すると、header.php にコードが出力されます。

トラッキングコードが出力される

手動で設置したときは、トラッキング ID をいれないよう注意しましょう。

管理画面でアクセス解析が見られるタイプのプラグインも、コードを自動的に出力しています。

コードが重複すると直帰率が異様に低くなる

コードが複数あると、ひとつのアクセスに対してそれぞれが反応します。そのため、正確な数字が出てきません。1 ヵ月ほど実験してみましたが、とくに影響するのは直帰率でした。

直帰率が 1 %台など一桁になっていたら、ほぼ重複しているとみて間違いありません。

Googleアナリティクス直帰率1%

「うおー! 直帰率 1 %とかすげーブログ作ったぞー!」なんて触れ回るとちょっと恥ずかしいかも。

PV やページ/セッションにも影響するので、重複していた場合は残念ながらイチからやり直しになってしまいます。

Tag Assistantで重複していないか確認しよう

実際にコードが重複しているかどうか、ブログを開いてソースを確認するとわかります。でも、ただでさえいろいろな記述が埋め込まれていて、初心者にはどれが何だかさっぱりですよね。

そんな時は、Chromeの拡張機能「Tag Assistant」を使えば簡単に確認できます。

インストールするだけで、右上にタグの数が表示されます。アイコンをクリックするとトラッキング ID が確認できるので、同じ ID が表示されていたらすぐ見直しましょう。

TAG ASSISTANT

まとめ

アクセス解析を設置する目的は、PV数を見て一喜一憂することではありません。ブログの改善点を探る ためです。

直帰率が高く滞在時間が少ないなら、ブログにきてくれた方の求めていた情報が書かれておらず、関連記事にも興味を持てなかったのかもしれません。

より新鮮で深く掘り下げた情報を追記したり、カテゴリーを最適化したり、興味をひくタイトル設定が必要になるでしょう。

改善するためには正確な数字が必要になりますので、アクセス解析を設置する際は十分ご注意ください。

それでは、また。