10 Shares

Broken Link CheckerでWordPressのリンク切れをチェックしよう

リング

ブログの記事がたまってくると、必ずと言っていいほど「リンク切れ」が起きます。

リンクをクリックしてもエラーページが表示されるため、そのまま放置しておくと読者に無駄な行動をさせることになってしまいます。

WordPress ではプラグイン Broken Link Checker を入れることでこのリンク切れをある程度防ぐことができるので、まだ導入していないならこの機会にインストールしてみてください。

運営者はコメントやピンバックもチェックする責任がある

リンク切れは記事内やサイドバーのリンクだけ見ていれば良いのではなく、コメントやピンバックのリンクもチェックすべきです。

どちらかというと、コメント内のリンク切れのほうが多いかもしれませんね。

運営期間が長くなるほどブログをやめてしまう方も多くなりますし、過去記事の整理で記事を削除してしまう方もいます。

そうするとコメント欄に残された URL はリンク切れとなってしまい、放置したままだと「ほとんどがリンク切れ」なんていうこともありそうです。

ブログは、コメントも含めた全体の管理が運営者に求められます。

Broken Link Checker はコメント内のリンクはもちろんのこと、画像のリンク切れもチェックしてくれるので、ぜひ入れておきたいプラグインです。

Broken Link Checker インストールと設定方法

では、インストールと設定方法をご紹介します。

インストールと有効化

インストールは通常のプラグインと同じく、管理画面の[プラグイン]-[新規追加]より行えます。

「Broken Link Checker」で検索して「今すぐインストール」をクリック。

Broken Link Checker インストール

インストール終了後、「有効化」をクリックして完了です。

「一般」タブ設定

有効化後、管理画面サイドバーの[設定]から設定画面に入れます。

とくにいじらず初期設定のままでも OK です。

プラグインが裏側でリンク切れのチェックを行っているので、数分経てばこのようにリンク切れが見つかるかもしれません。

Broken Link Checker リンク切れ

リンクのチェック周期を短くするとそれだけ負担が大きくなるので、初期設定の 72 時間かそれ以上が良いと思います。

「一般」タブの下部では「リンク切れを発見したらどうするか」を設定できます。

リンクチェック設定

「リンクエラーにカスタム CSS を適用する」にチェックを入れておくと、エラーが発見されたリンクに打ち消し線が入るようになっています。

エラーリンクに class=”broken_link” が追加されるので、別のスタイルを適用する場合は「CSS を編集」をクリックして設定してください。

リンク切れを発見したら打ち消し線がつく

便利な機能ですが、誤検知の場合も管理者がチェックするまでこのスタイルが適用されてしまいます。

放置しておくと打ち消し線だらけになってしまうので、リンクエラーを発見するたびに修正するなら CSS は適用しないほうが良いかもしれませんね。

「リンクチェック対象」タブ設定

どの範囲までエラーをチェックするか、「リンクチェック対象」で設定できます。

リンクチェック対象

カスタム投稿タイプを作成していたり、カスタムフィールドを設定している場合はここで設定しておきましょう。

bbPress のようなフォーラムをインストールしていると、掲示板トピック内のリンクもチェックしてくれます。

「リンク種類チェック対象」タブ設定

つづくタブでは、監視するリンクの種類を設定できます。

リンク種類チェック対象

一行の URL をブログカードに変換するテーマやプラグインを使っているなら、「プレーンテキストの URL 」にもチェックしておいた方が良いかもしれません。

その他、「API」や「高度な設定」もできますが、初期設定のままで大丈夫です。

リンクエラーを発見したら手動で修正しよう

ひととおり設定を終えたら、リンクエラーが発見されるまで待ちましょう。

エラー発見時はダッシュボードにも通知されますし、初期状態では WordPress に設定しているメールアドレスあてに通知が届きます。

ダッシュボードエラー通知

ダッシュボードの「リンクのエラーを発見しました」をクリックすると、詳細を確認できます。

リンク切れの詳細

誤検知していることもあるので、必ず「URL」に表示されているリンクをクリックして、本当にリンクが切れているかチェックしてください。

各ステータスコードの意味はこちら

リンク切れを確認したら、そのまま以下の処理ができます。

  • URL を編集
  • リンク解除
  • リンクエラーでない
  • リンク切れから解除
  • 再確認

リンク切れ処理方法

また、一番右の「ソース」から投稿編集画面に入ったり、コメントをゴミ箱に移動することもできます。

リンク切れソース確認

「リンクを解除」などで処理しても良いですが、リンクが切れているテキストだけでは意味が通じない箇所もあるはずです。

面倒でも、どこのリンクが切れているかを実際に確認し、投稿や固定ページで編集したほうが良いでしょう。

外部サイトを紹介するまとめ記事がリンク切れだらけになったら、いったん削除して新しく書きなおしたほうが良いかもしれませんね。

うまく動かないときはPHPバージョンをチェックしよう

Broken Link Checker はこのように便利なプラグインですが、ひとつだけ注意点があります。

PHP のバージョンが古いままだとうまく機能してくれません

設定画面の一般タブで「デバッグ情報を表示」をクリックしてみてください。

Broken Link Checker デバッグ表示

正常に動いている部分はグリーンで表示され、問題がある箇所はイエローで表示されています。

CURLバージョン

「CURLバージョンが古い」という注意が出ていますが、何のことかよくわかりませんね ^^;

この表示が出たら、PHP のバージョンが古いままになっていないか確認してください。

エックスサーバーの場合は、サーバーパネルの「PHP ver.切替」から確認できます。

エックスサーバー PHPバージョン切替

ここで「非推奨」になっているバージョンになっている場合、「推奨バージョン」に切り替えましょう。

※開発が止まっているプラグインは動かなくなる可能性があります

Broken Link Checker のデバッグ情報がオールグリーンになれば OK です。

デバッグ情報オールグリーン

他のリンク切れチェックツールも併用しよう

プラグインを過信するのは危険なので、定期的に他のリンクチェックツールも併用したほうが良いと思います。

WordPress 以外のブログも、ここでチェックしましょう。

Website Explorer

Website Explorer は Windows 用のインストールソフトです。サイト解析に使うものですが、リンクチェックにも使えます。

こんな感じで結果が出力され、Excel に出力することも可能です。

Website Explorer 探査結果

dead-link-checker.com

こちらはブラウザから実行できる無料のリンクチェッカーです。

記事数によってはかなり時間がかかるので、のんびり待ちましょう……。チェックが終わると、エラー詳細をテキストで出力してくれます。

誤検知がけっこう多いかもしれません。

dead-link-checker エラー詳細

W3C Link Checker

こちらもオンラインの無料チェックツール。

HTML や CSS のエラーチェックも一緒にやっておくと良いですね。

チェックが終わると、エラーの一覧がページ下部に表示されます。

W3C Link Checker チェック結果

まとめ

リンクエラーが多いからといって、検索順位が下がる直接的な原因にはなりません。でも、「読者のため」にはならないので、間接的な影響はあると思います。

SEO うんぬんより、読者のためになるブログづくりを目指してリンクチェックを定期的に行いましょう。

読者目線の運営を続けていれば、きちんと結果となって表れます。

それでは、また。