ドメインパワーとは?スコアを上げる方法と検索順位に悪影響を及ぼす施策例

本記事のポイント
  • ドメインパワーの数値(≒ SEO スコア)は、Google 以外のサービスが独自に算出しているもの
  • 被リンクを集めればドメインパワーのスコアは上がる
  • スコアを上げるためだけの施策はとくに意味がない(悪影響になることもある)
ドメインオーソリティ

検索サイトの順位は相対的に決められます。判定要素は複数あり、しかも複雑に絡み合っているため、競合サイトと自分のブログはどこが違うのか見つけ出すのはかなり困難です。

わかりやすいのは「ドメインパワー」という数値化された指標で、初心者でも目標を定めやすいかもしれません。

本記事では、ドメインパワーのスコアを上げる方法と共に、まったく意味のない考え方・施策例に関して解説しています。

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、ドメイン(≒ブログ)の力を数値化したものです。

Google は、過去に「PageRank」という指標を公開していました。これによってサイト運営者に「ドメインには力がある」という認識が広まったように思います。PageRank の高いサイトから被リンクをもらう、というスパムを含めた施策も流行しました。

しかし、2016 年に PageRank の表示は完全に廃止され、外部から確認することはできなくなっています。その PageRank がそのまま存続しているのか、形を変えて残っているのか、Google 以外にはわかりません。

John Mueller は 2016 年の時点で「Web サイトオーソリティスコアのようなものはない」と語っています。アルゴリズムの一部として PageRank は使われていると思いますが、昔の概念とはまったく異なるものかもしれません。

PageRank の代わりとして、Google 以外のサービスが独自にスコアリングした数値が注目されるようになりました。これが現在ドメインパワーとして一般的に認知されているものです。

全世界で統一されている計算方法があるわけではないので、サービスによって数値や名称が異なります。少なくとも、Google の PageRank とは違うものです。

ドメインパワー(スコア)が高ければ上位表示できるわけではない

Google が公開していた PageRank は「被リンク」がベースになっており、現在各サービスが公開しているドメインパワーのスコアも同様です。つまり、被リンクがたくさんあればスコアは高くなります。

10 年以上前、被リンクは検索順位決定要素として大きなウエイトを占めていました。自作自演のリンクを多数仕込めば上位表示できた時代もあったほどです。

現在は、被リンク “も” 検索順位決定に関わっていますが、それ以外の複数の要素が複雑に絡み合っていて、単純に計算できるものではなくなっています。漫画「ドラゴンボール」の戦闘力のように、数値が高ければ絶対的に勝てる(上位表示できる)、というものではありません

競合サイトと比較するさいに、一つの指標としてドメインパワーを見るのはよいと思います。でも、ドメインパワーのスコアを上げるためだけの施策はあまり意味がない、という点はしっかりおさえておきましょう。

ドメインパワーが上がった / 下がったと、一喜一憂する必要はありません。

ドメインパワーを測定できるサービス

ドメインパワーを測定できるサービスを 5 つご紹介します。

パワーランクチェックツール(アクセスSEO対策ツールズ)

パワーランクチェックツール
提供サイトパワーランクチェックツール | アクセスSEO対策ツールズ
スコアの名称パワーランク
特徴アカウント登録不要で手軽にチェックできる

「パワーランクチェックツール」は、ブログ初心者がよく使っているツールです。Twitter でもよく見かけますね。

アカウント登録なしで手軽に使えるサービスですが、1 日 3 回しか利用できないため、競合サイトのチェック・比較には向きません(アカウント登録で 1 日 10 回まで)。

自分のブログはどのくらいのスコアなのか、遊び感覚で使うのがよいと思います。

Website Authority Checker(Ahrefs)

Website Authority Checker
提供サイトWebsite Authority Checker: Check the “Authority” Of Any Domain
スコアの名称Domain Rating(DR)
特徴アカウント登録不要で被リンク数も同時にチェックできる

「Website Authority Checker」は、有料 SEO ツールの筆頭にあげられる Ahrefs が無料で提供しているツールです。

被リンク数も同時にチェックできるため、簡易的な競合サイト調査としても使えます。被リンクの詳細は有料版にしなければ見られません。

SEO 業者も使用しているプロ向けのツールで、同時に複数の競合サイトと比較したり、各サイトが検索上位に入っているキーワードや被リンクを調べたいときにおすすめです。

Link Explorer(Moz)

Link Explorer
提供サイトLink Explorer – Backlink Checker with 40T Links! – Moz
スコアの名称Domain Authorrity(DA)
特徴対象サイトの上位キーワードなどもチェックできる

「Link Explorer」は SEO 業界で有名な Moz が提供しているツールで、ドメインパワー以外に被リンク状況などもチェックできます(要アカウント作成)。

ドメインパワーだけサクッと調べたい、という使い方にはあまり向いていません。

お金をかけるほどではないけれど競合サイトの調査をしてみたい、というときに使えます。無料版は上限が月 10 サイトでデータ閲覧にも制限があるため、本格的な調査をしたいなら有料版にしましょう。

Ubersuggest

Ubersuggest
提供サイト無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策
スコアの名称Domain Authorrity(DA)
特徴対象サイトの上位キーワードなどもチェックできる

「Ubersuggest」はキーワード調査をメインとした SEO 総合ツールです。

スコアや被リンク数は前述の Moz のデータを使用しており、アカウント登録しなくても他サイトのデータを調査できます(無料版は 1 日 3 サイトまで&データ数に制限あり)。

キーワード調査も競合サイト調査もしたい、という方におすすめです。

Semrush

Semrush
提供サイトSemrush – オンラインマーケティングを簡単に
スコアの名称Authority Score
特徴日本語対応の海外ツールでサイト監査もできる

「Semrush」は、Moz と同じく無料アカウント登録が必要な総合 SEO ツールです。

ドメインパワーのチェックだけで利用するのには向きませんが、SEO 状況を診断してくれるサイト監査機能があるので登録しておいてもよいと思います(無料お試しは監査上限 100 ページ)。

日本の SEO 業者は、Ahrefs か Semrush の利用が多い印象です。

目的別おすすめサービス

どのサービスをメインで使えばよいか、目的によって変わります。無料で使用する場合のおすすめは以下のとおりです。

目的おすすめサービス
自分のブログのスコアを確認したいパワーランクチェックツール
Website Authority Checker(Ahrefs)
自分のブログのスコアチェック&監査をしたいSemrush
競合サイトのスコアを(複数)確認したいLink Explorer(Moz)
Ubersuggest
Semrush

本格的に競合サイトのチェックをしたいなら、Ahrefs か Semrush をおすすめします。

検索結果上でドメインパワーを表示できるツールバー(ブラウザ拡張機能)を提供しているサービスもあるので、検索上位の傾向を調べたいなら使ってみてください。

ドメインパワーを上げる方法

前述のとおり、各サービスのスコアは被リンク数がベースになっています。「リンクがどのくらい集まっているかを数値化したもの」と言ってもよいかもしれません。

つまり、リンクをたくさん集めればスコアは上がります。そのサービスによって被リンクの検知やスコアリングに多少の違いはありますが、以下の施策を行えば簡単に上がるでしょう。

  • ランキングサイトへの登録
  • 無料ブログサービスなどからの自作自演リンク
  • ブログ同士の相互リンク / リンク企画

しかし、これはスコアを上げるためだけの方法です。この施策をしたからといって、検索上位に入りやすくなるわけではありません。むしろ検索評価がマイナスになる可能性もあります。

だれでも簡単に検索順位を上げる方法は存在しない

繰り返しになりますが、被リンクは検索順位決定要素の一部に過ぎません。また、本数だけではなく「どこからリンクされているのか」という質も見られています。

ブログ運営者が自ら操作できる範囲の被リンクは、ほとんど検索順位に影響しないと考えてよいと思います。

たとえば、1 記事しかない無料ブログを複数作って、そのすべてからメインブログにリンクしても検索順位は上がりません。でも、各サービスで計測しているドメインパワーのスコアは上がります。

スコアを上げるためだけの目的で行う施策は、悪影響を及ぼす可能性もあるのでご注意ください。

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを目的としたリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反となる場合があります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。

リンク プログラム | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google Developers

Twitter でブログの被リンク企画などを見かけますが、内容によってはペナルティにもなり得ます。

検索流入だけがすべてではありませんし、検索以外のところで自分のブログを宣伝するのも重要です。ただし、ドメインパワーのスコアを上げるためだけ、検索順位を上げるためだけの目的で実施しても良い結果は得られないでしょう。

まとめ

各サービスで計測できるドメインパワーのスコアは絶対的な指標ではないので、とくに気にしなくてよいと思います。スコアが変動した原因を探る必要もありません。

スコアを上げる施策に取り組む時間があるなら、記事執筆にあてたほうがはるかに有益です。

それでは、また。

Author

Naifix 編集部
Web コンサルティング業務を中心に、サイト制作・コンテンツ販売・メディア運営代行業務を行っております。当サイト(Naifix)では、おもにブログ初心者向けのノウハウを無料で配信しています。

執筆・監修 Direx Marketing, Inc.