3 Shares

「Ultimate CSV Importer」を使ってCSVインポート/エクスポートでブログ記事を移転する方法

CSVで引っ越し

WordPress には標準でエクスポート・インポート機能が備わっていますが、サーバーや一部環境によっては正常に動かないこともあります。

ブログの移転をしたいけれどうまくいかないときは CSV を使ってみてください。

「Ultimate CSV Importer」というプラグインを使えば、簡単にブログ記事の引っ越しができます。

CSVで移行するメリット

CSV とは、カンマで区切られた値が入っているファイルのことです。カンマで簡単な表が作られている、というイメージでよいと思います。

表なので Excel や Google スプレッドシートで開けますし、そのまま編集・保存することも可能です。

また、個人的に WordPress でエクスポートできる XML ファイルを使って移転するよりもエラーが少ない気がします。さすがに何千記事も移転するとなると、分割しないとダメですけどね。

  • CSV なので簡単に扱える
  • 移転時のエラーが少ない

今回やりたいこと

今回は、CSV でブログ(A)の一部記事をブログ(B)に移転させてみたいと思います。

※テストなので(A)の記事は削除せずコピーだけです

(A)https://e-minor.xyz/
(B)https://demo.naifix.com/

それでは移転作業を解説していきます。

ブログ(A)の作業

2つのプラグインをインストール・有効化

まず、ブログ(A)に「Ultimate CSV Importer」をインストールし、有効化しておきます。

Ultimate CSV Importer インストール

つづいて、アドオン「WP Ultimate Exporter」もインストール・有効化しておきます。

このプラグイン単独では動かないので、必ず両プラグインを入れてください。

WP Ultimate Exporter インストール

「WP Ultimate Exporter」を有効化すると、「Ultimate CSV Importer」設定画面にエクスポート項目が追加されます。

Ultimate CSV Importer Export

CSVエクスポート設定

エクスポート画面に移動して設定していきましょう。

今回は投稿を移動するので「Post」を選択し、「PROCEED」ボタンをクリック。

Export画面で「Post」を選択

次の画面で以下のように設定していきます。

ファイル名 わかりやすいものをお好みで設定(半角英数字)
Export data with auto delimiters 区切り設定- Delimiters で半角カンマを選択
Export data for the specific period 期間選択
Export data with the specific status 公開状態選択
Publish・・・公開済み
Draft・・・下書き
Export data by specific authors 投稿者選択

全記事移転させたい場合など、とくに指定がないときはファイル名だけでも大丈夫です。

Ultimate CSV Importer エクスポート設定

CSVダウンロード

設定が終了したら「Export」をクリック。

Ultimate CSV Importer エクスポート

CSV の生成が完了したら「Download」ボタンが表示されるので、そこからファイルをダウンロードしましょう。

CSVダウンロードボタン

サーバーによってはファイルがダウンロードできず、403 エラー画面が表示されるかもしれません。

そのときは FTP で wp-content > uploads > smack_uci_uploads > exports に入ってファイルをダウンロードしてください。

FTPでCSVをダウンロード

Filezilla で CSV をダウンロード

CSV ファイルは、デスクトップなどわかりやすいところに保存しておけば OK です。

ブログ(B)の作業

プラグインをインストール・有効化

CSV ファイルをダウンロードしたら、移転先のブログ(B)で作業を行います。

ブログ(A)と同じようにプラグイン「Ultimate CSV Importer」をインストール・有効化してください。エクスポート用アドオンは不要です。

CSVインポート設定

プラグインを有効化したら、「Ultimate CSV Importer」の「Import / Update」に入ります。

アップロードボタンをクリックして、先ほど PC に保存したファイルを選択しましょう。

CSVインポート画面

アップロードが完了すると自動的に画面が遷移するので、そのまま右下の「CONTINUE」をクリック。

CSVインポート設定

つぎの画面でマッピングを行います。「どの列になんのデータが入っているか」の指定です。

エクスポート・インポート共に同じプラグイン「Ultimate CSV Importer」を使っているので、そのまま右下に隠れている「CONTINUE」ボタンをクリックしてください。

もし別のプラグインで CSV エクスポートした場合は調整が必要となります(ある程度自動認識されます)。

CSVマッピング画面

つぎの画面で画像の設定ができます。が、Pro 版のみの機能なのでそのまま「CONTINUE」をクリックしてください。

CSVインポート(メディア)

さいごに詳細設定画面が表示されます。

「インポート中にメンテナンスモードに切り替えるか」などの設定ですが、なにもチェックを入れずそのまま「IMPORT」ボタンを押して大丈夫です。

CSVインポート詳細設定

「Import Successfully Completed」が表示されたら完了!

CSVインポート完了画面

移転した記事をチェックしてみましょう。

表示確認

投稿管理画面のチェック

ブログ(B)に移転した記事の投稿画面はこのようになっていました。

移転先の投稿画面

アイキャッチは正常に移転されましたが、記事本文内の画像は残念ながら移せませんでした( src が移動元の URL のまま)。

その他、カテゴリーやスラッグなどは正常に反映されています。

実際の表示をチェック

使用しているテーマは異なりますが、問題ないようです。

※画像はそのままブログ(A)から読み込んでいます

画像も移転するには?

画像もブログ(B)に移転させるのであれば、次の 3 つの方法があります。

  • ブログ(A)の画像をダウンロードして 1 枚ずつ投稿画面からブログ(B)に入れ直す
  • ブログ(A)の画像をダウンロードしてブログ(B)に FTP でアップロードし、「Search Regex」などで本文内の画像 src を一括置換する
  • ブログ(A)の画像をダウンロードしてブログ(B)に FTP でアップロードしておき、CSV を編集して src を置換してからインポートする

いずれの方法もちょっと面倒ですね。

画像も含めて完全に移転させたいなら、「DeMomentSomTres Export」というプラグインを使ったほうがお手軽だと思います。CSV ではなく XML ファイルなので、大量の記事移動には向かないのが難点ですが…

 WordPressで特定の記事と画像を簡単に別ブログへ移転する方法

まとめ

というわけで、「Ultimate CSV Importer」を使ったブログ記事移転方法の解説でした。

冒頭でもふれたように、CSV は簡単に扱えるというメリットがあります。同じブログでエクスポート/インポートすれば、記事を大量にリライトするときに楽かもしれません。記事タイトルやスラッグのみエクスポートして、記事一覧を管理したいときも便利ですね。

いろいろ活用してみてください。

それでは、また。