2019/05/1567 Shares

ブログに広告を掲載し始めるのはいつがベスト?

広告

ブログの収益化を考えたとき、手っ取り早いのは広告を掲載することです。Google AdSense であればコードを貼っておくだけで勝手に最適な広告を表示してくれるので、様々なジャンルを扱うブログにはとくに向いていますね。

では、その広告掲載を開始するベストなタイミングはいつなのでしょうか。運営直後から? 運営開始 1 年後から? 月間 100 万 PV 到達時から?

わかったブログさんの「収益化を始めると客は逃げていく ウェブビジネスの鉄則」というエントリーを読んで、ちょっと考えてみました。僕の答えは、「ブログ初心者であれば運営直後」です。

収益化を始めると客は逃げていく?

わかったブログさんのエントリー導入部分で、このように触れられています。

ウェブでビジネスを興す際、絶対にやってはいけないことがあります。ユーザー数が集まらないうちに、収益化を始めてしまうことです。

収益化は、サイト・サービスの成長を止めてしまいます。

これはそのとおりで、たとえば先日ご紹介した無料マンガ comico でも、とにかくユーザー数を増やしてから収益化を始めています。

「300 万ダウンロード達成したら何か仕掛けてくるかも」と適当に予想したら、本当に 300 万を超えたあたりで ReLIFE が単行本化されました。

もし、「毎日 30 分は無料で読めるけどあとは有料ね」「全部無料だけど広告強制挿入するね」というような感じだったら、ここまで人気が上がらなかったのではと思います。

もっとも、今からそんなスタイルにシフトチェンジしたら、おそらくお客さまは逃げていくでしょう。1000 万ダウンロードされたからと言って、広告強制表示のような「改悪」にユーザーは敏感です。

※ comico は実際に改悪されてしまいました…

月1万円を稼ぎたいならあまり関係ない

個人ブログだって、広告を掲載して収入を得るのであれば立派なビジネスです。

でも、その目標額が月 1 万円とか 5 万円ぐらいなら、ユーザー数を増やしてからどうこうというのはあまり関係ありません。月 100 万円稼ぐとか、会社を興して本格的なビジネスをスタートさせるならユーザー数を意識したほうが良いですけどね。

お小遣い稼ぎ程度であれば、むしろ運営開始直後から広告を掲載しておいたほうが良いと思います。その理由は 3 つあります。

運営開始と同時に広告を掲載したほうが良い理由

広告を掲載したことがないブロガーが、これから新しいブログをはじめるというケースで考えてみます。

(1)広告とPV数は関係ない

まず、ブログ自体が海のものとなるか山のものとなるか、人気が出るのかでないのかまったくわかりません。

スタート前にライバルとなるサイトやニーズを調査し、キーワードを選定して設計図を描いて…、と動く場合は別ですが、たいていは自分の好きなものを中心に、いきあたりばったりで書くことになりますよね。

そうなると、はたして PV 数がどれくらいになるのか、検索流入はどれくらいあるのか、なんて運営してみなければわからないことです。1 ヵ月後にどうなっているかなんて予想もつかないでしょう。

広告のあるなしに関係なく、PV 数が上がるものはあがるし、上がらないものはあがりません。そう、「広告」と「人気」は別もの なのです。

そしておそらく、月 30 万 PV になったからといって、どこにどうやってどんな広告を掲載すれば効果があるのかわからないでしょう。だったら PV 数が少ないうちから貼っておいて、徐々にいろんなことを試してみるのも手です。

もっとも、ある程度 PV 数がなければテストのしようもないのですが、初期段階で広告を掲載すると収益性の高いブログ記事の書き方を覚えられるというメリットがあります。

アドセンスだって、どんな記事を書いても絶対ピッタリな広告が表示されるわけじゃありませんからね。

 ブログとアドセンスで稼いでみたいあなたへ贈る10のアドバイス

(2)モチベーションアップにつながる

もし「月 30 万 PV になったら広告を貼るぞ!」と目標を立てていたとしても、それは何ヶ月先のことになるでしょうか。

すぐにその目標を達成できる人はマレです。最初はみんな自分だけのアクセス数「1」からスタートします。毎日 1 回自分のブログを見るなら月 30 pv。これを 1 万倍にしなければなりません。

バズったり、炎上したり、検索 1 位になったり、圏外に飛ばされたり。運営していればいろいろなことに直面します。それだけ起伏があればまだマシなほうで、多くは地道に、ほんとうに地道にじわじわとアクセス数が増えていきます。

最初の 100 記事が肝心だ! とはよく聞く話ですが、100 記事上げれば必ず PV 数が右肩上がりに増えるというものでもありません。

 ブログは毎日書くべき?質と量のバランスを考えた最適な更新頻度とは

苦労にくろうを重ねた挙句、やっと月 1 万 PV になったとして、これを 30 倍にするなんてどれだけかかるんでしょう。そこにたどり着くまでモチベーションを維持できるでしょうか。

目標が「PV 数」ではなく「収益額」だったらどうですか? 1 万 PV で 3,000 円ぐらいの報酬になったら、「来月は倍の 6,000 円にするぞ!」とモチベーションが継続できるかもしれませんね。

とらえ方によっては、『こんだけ頑張って月 3,000 円!?』となるかもしれませんが、PV 数も収益額も数字となって表れるので、その両方がこれから上がっていきそうな感触を味わえるだけでちょっと違うんじゃないかなーと思います。

(3)リピーターは広告があると最初から知っている

ブログを運営していくと、必ずファンができます。そのファンは定期的にブログを見てくれますが、もしかすると「広告がないから」見てくれるのかもしれません。

ある時期になっていきなり広告を掲載したら、そのファンはどう思うでしょうか。『なんだ結局このブログも金かよ!』と離れていく可能性はゼロではありません。それを上回る魅力が運営者自身にあれば、離れていく数は少なくなりますけどね。

それならいっそのこと、最初から広告を掲載しておいて、「広告があるけど見にきてくれるファン」をつかんでおくとどうでしょう。

広告を嫌う人、他人が儲けるのが我慢ならない人は一定数存在します。殿様商売じゃないですけど、「うちはココに広告を掲載している!それでもいいなら見てくれ!」というスタイルで運営していったほうが、気持ち的に楽じゃないですか?

10 記事ぐらい上げてから広告を掲載する場合でも、掲載予定スペースに広告以外のバナーを貼っておけば、レイアウトを大きく変えなくて済みます。

テストを繰り返すうちにレイアウトは変わっていくことになりますが、いきなりドンと広告が登場するのに比べれば違和感は軽減します。

まとめ

こういうのは個々の考え方なので、どれが正解というわけじゃありません。

広告掲載のタイミングを見計らって動けないでいるなら、運営開始と同時に広告貼ればいいんじゃない? という話です。

  • 広告と PV 数は関係ない
  • 広告収入が少しでもあるとモチベーションにつながる
  • いきなり広告が出現して「改悪」と見られることがない

何事もやってみなければわかりません。ダメだったら次のステップを考えれば良いだけです。考えるだけで終わって、けっきょく何も行動できなかった、というのが最悪なパターンですからね。

ブログなんていくつでも作れるので、とりあえずやってみながらノウハウを吸収していきましょう。これが近道だ! と思ったところが実は遠回りのルートかもしれません。

それでは、また。