良質なコンテンツとは|ブログ初心者が意識すべきなのは「だれに向けて書くか」

ワンポイント

Google は検索ユーザーの意図に応じた答えを検索結果に表示すべく、定期的にアルゴリズムを更新したり、ときには質の低いサイトに対して手動で対策(ペナルティ)を行っています。

その影響を受けないために、良質なコンテンツ・高品質な記事は欠かせません。具体的にどのような記事が該当するのでしょうか。

一言で表すと、「読者が求めている情報が記されている満足度の高い記事」です。

低品質コンテンツとは

通常、ブログを書き続けていれば自然と検索からの流入が増えていきます。

記事数に比例してヒットするキーワードは増えますし、被リンクも徐々に増えていくためです。もしいつまで経っても流入数が増えないのであれば、記事の質に問題があると考えられます。

低品質なページは読者にとって価値がない

低品質コンテンツとは、ユーザーの需要に応えていないものを指します。

その代表的なものは、コピーコンテンツでしょう。つまり、パクリですね。どこかの記事を丸ごと転載しているようなブログは何の価値も生み出しておらず、オリジナルにちょこちょこっと修正を加えた記事もまた同じです。

低品質な記事を読んだとき、ユーザーはこう思うでしょう。

なんだよ、こんな情報が欲しいわけじゃないんだよ

もし検索結果に並んでいるのがパクリ記事ばかりだとしたら、Google 自体が低評価となりユーザー数が減少していきます。そのため、検索エンジンは常にユーザー満足度を高める努力をしているわけです。

低品質なサイトでもやりようによっては上位表示させることができます。このようなサイトはアルゴリズムの自動検知だけでは手に負えない場合があり、手動で対策されることになります。

コピーサイトは無価値であり、存在する価値はありません。そんなサイトを量産して上位表示されるよう努力するなら、質の高い記事を提供するほうがはるかに簡単です。

だれに向けて書くかを常に意識する

世界中の誰からも好かれる人がいないように、どのユーザーも 100 %満足させる記事を書くことは不可能です。

Naifix では「ブログ運営」をメインテーマにしていますが、知識や経験の差で必要とする情報は変わるため、全ブロガーの欲求を満たすことはできません。

つまり、だれに向けて書くかが最重要項目となります。リアルな人物像を思い描いてその人に語りかけるように書きましょう、ということですね。

その人が求めていることに対して 100 %答えているのが、高品質なコンテンツです。

自分だから書けること・自分でなければ書けないこと

Google ウェブマスター向け公式ブログでは、コンテンツの品質に関して具体的なアドバイスが掲載されています。

・コンテンツは、独自の情報、レポート、研究、分析を提供しているか?
・コンテンツは、特定のトピックに対して包括的または完全な説明を十分に提供しているか?
・コンテンツは、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・コンテンツが他の情報源から得られたものである場合、単なるコピーや書き換えでなく、付加価値とオリジナリティを十分に提供しているか?

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

また、Google 検索セントラルには次のように明記されています。

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成するようアドバイスしています。特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。(中略)付加価値とは、価格、購入場所、商品のカテゴリに関する追加情報など、意味あるコンテンツや機能のことです

アフィリエイト プログラム  |  Google 検索セントラル  |  Google Developers

「自分だから書けること」「自分でなければ書けないこと」を提供すべき、ということですね。

他のサイトと似たようなことを書いているだけでは、検索上位に入ることはできません。読者があなたのブログ記事を必要とする理由を考えてください。

過去の自分に向けて体験談を伝える

リアルな人物像を思い描くのは難しいかもしれません。そんなときは、過去の自分に向けて書くのがおすすめです。

たとえば、あなたがコスパの高いワイヤレスイヤホンを探しており、ベストな商品を見つけたとしましょう。その記事を書くとき、「探していた段階」の自分を思い出してみてください。

  • なぜワイヤレスイヤホンがほしくなったのか
  • どのようなシーンを想定して商品の使用を考えたのか
  • 商品を探すときどのような語句で検索したか

ワイヤレスイヤホンにたどり着くまでに、様々なサイトを見たと思います。実際に家電量販店に足を運んだかもしれません。候補を絞り、そこから最もベストだと思える商品を購入したことでしょう。

そんな過去の自分を手引する記事が書ければ、同じような悩みを持っている方に対して刺さるコンテンツとなります。

体験談は、ネット上の情報をかき集めたようなコンテンツよりはるかに価値があります。キーワード調査ではわからない潜在的なニーズも発見できるかもしれません。

未来の自分から過去の自分に向けてメッセージを届けてみてください。

まとめ

どんな記事を書く場合でも、だれに向けて書くかを常に意識しましょう。

ブログ運営を続けていて検索サイトからの流入が増えないのであれば、残念ながらだれからも必要とされていない記事なのかもしれません。

SEO で小手先のテクニックを考えるより、だれか(過去の自分を含めて)が役に立つと思ってくれる記事を書くのが一番の近道です。

良質なコンテンツを作成する具体的な手順は、以下の記事をご覧ください。

それでは、また。

Author

Naifix 編集部
Web コンサルティング業務を中心に、サイト制作・コンテンツ販売・メディア運営代行業務を行っております。当サイト(Naifix)では、おもにブログ初心者向けのノウハウを無料で配信しています。

執筆・監修 Direx Marketing, Inc.