31 Shares

WordPress初心者におすすめの厳選プラグイン

プラグ

WordPress を初めて使うとき、どのプラグインをインストールすれば良いかわかりませんよね。

「WordPress プラグイン おすすめ」などで検索して出てきたものを全部インストールしたらブログが動かなくなった! なんていうのもよくある話です。

「よくわからないけど入れているだけ」というプラグイン、ありませんか?

というわけで、初心者におすすめする本当に必要なプラグインをご紹介します。最初にインストールするべきなのは、たった 2 個だけです。

ブログ運営に最低限必要なプラグイン

どのプラグインをインストールすべきかは、ブログによって異なります。

  • どこのサーバーを使っているのか
  • どのテーマを使っているのか
  • 何がしたいか・どんな機能がほしいのか

いろいろ入れてしまうとトラブルのもとになるので、まずは WordPress インストール時にあらかじめ入っている 2 つだけ有効化しておきましょう。

Akismet

Akismet はスパムコメントをシャットアウトしてくれるプラグインです。

このプラグインを使うためにはユーザー登録が必要ですが、一度登録しておけば別の WordPress ブログでも使えるので最初に登録しておくことをおすすめします。

参考Akismetの設定方法(バズ部)

開始直後から大量にスパムコメントがくるわけではありませんが、運営期間が長くなるにつれてスパムの数も増えていきます。

Akismetがブロックしたスパムの数

もし Akismet のフィルタをくぐりぬけてきたら、管理画面の[コメント]から一覧を表示し、「スパム」を選択してください。

この情報は共有され、ユーザーがスパム報告をするほど Akismet のスパムフィルタも強化されていきます。

WP Multibyte Patch

WordPress はもともと英語圏で作られたブログシステムのため、日本語環境では一部正常に動作しないことがあります。

これを解決するプラグインが、この WP Multibyte Patch です。

このプラグインを使わなくても動くことは動きますが、抜粋文字数が正常にカウントできなかったり、トラックバック・ピンバック受信時にエラーが起きる可能性があります。

とくに設定は不要で、有効化するだけで OK 。

機能を追加したくなったら他のプラグインも入れてみよう

まずはこの 2 つのプラグインだけで運営してみてください。

運営に慣れてきて「人気記事を表示したいな」とか「目次を入れてみたいな」と思ったら、そのつどプラグインをインストールしましょう。

使わないプラグインを入れっぱなしで放置しておくとセキュリティ面で危ないですし、トラブルの原因となってしまいます。

ここからは、目的別に良く使われている有名プラグインをご紹介していきます。

競合が比較的少ないおすすめプラグイン

まずは、サーバーやテーマ、他のプラグインとの相性をあまり選ばないものをご紹介します。

絶対にエラーが起きない! とは限りませんので、目的のものを一つずつインストールしてくださいね。

お問い合わせフォームをつけたい

連絡先としてメールアドレスをそのまま載せてしまうと、スパムメールがたくさんきてしまいます。いくらフリーメールを使っていても、アドレスをさらすのには抵抗ありますしね。

そこでおすすめなのが、メールフォームの設置。

管理者への連絡手段があるのとないのでは、読者の印象が全然違います。アクセスのあるなしに関わらず、連絡先は載せておいたほうが良いですよ。

Contact Form 7 の使い方とデザインサンプルはこちら をご覧ください。

投稿エディタの機能を拡張したい

無料ブログから WordPress に移行した場合、エディタの機能がちょっと足りなくて使いづらいなと思うかもしれません。

TinyMCE Advanced を入れると、投稿エディタに様々な機能を追加してくれます。

TinyMCE Advanced サンプル画面

機能の追加や削除も設定画面で行えるので、HTML や CSS に慣れていないときは重宝します。

よく使うタグ・定型文を登録したい

こちらも投稿エディタの機能を拡張するプラグインです。

使う頻度が高いタグなどを登録しておいて、ボタンひとつで呼び出すことができます。

Twitter アカウントへのリンクや、テーマ独自のスタイルを登録しておけば記事を書くのが少し速くなりますよ。

AddQuicktag の詳しい使い方はこちら をご覧ください。

画像を軽量化したい

今も昔も「サイトが重くなる原因」といえば画像です。

不必要に大きな画像でなければそれほど表示速度に影響しませんが、スマホのことを考えれば少しでも軽くしておいたほうが良いです。

EWWW Image Optimizer は画像アップロード時に不要な画像情報を削除し、見た目は変えずに容量を削減してくれます。アップロード済みの画像を軽量化することもできますよ。

軽量化ツールを使ってアップロード前に画像を軽くしておくとベストです。

RSSの通知を高速化したい

読み方は「パブサブハブバブ」です。10 回言ってみてください

このプラグインは、記事公開時にすばやく Google に情報を伝えてくれます。

公開と同時に記事を複製して公開するような悪質なパクリサイトがありますが、このときオリジナルと判断される要素のひとつが「インデックスされた日時」です。

間違って自分のブログがパクリだと思われないよう、このプラグインを入れて通知速度を上げておきましょう。インストール・有効化だけで OK です。

記事に目次を入れたい

記事に目次を入れたいときは、このプラグインが便利です。

本文内の見出しを参照して目次を自動的に表示してくれるので、長文記事や技術的な内容を書くことが多いなら入れておいたほうが良いかもしれません。

短い日記なら逆にジャマかなと思います。

目次を CSS でデザインカスタマイズするとちょっとおしゃれになりますよ!

リンク切れを監視したい

記事が増えてくると、どうしても「リンク切れ」が起きるようになります。記事内のリンクだけではなく、コメントやピンバックのリンク切れも多いですね。

一つずつ手動で確認するのは大変なので、運営期間が長くなってきたら入れておきたいプラグインです。

Broken Link Checker の詳しい使い方はこちら

たまに誤検知することがあるので、半年に 1 回ぐらいは他のリンク切れチェックツールでも確認したほうが良いと思います。

リビジョンを削除したい

WordPress には自動で下書きを保存してくれる機能(リビジョン)がありますが、公開前に何度も下書き保存しているとどんどんこのリビジョンがたまってきます。

リビジョン

公開した記事に致命的な間違いがなければ不要なデータとなるので、このプラグインを使って掃除しましょう。

テーマによっては不要なプラグイン

つづいて、テーマによっては不要なもの、あるいは不具合が起きる可能性もあるプラグインをご紹介します。

Google Analyticsを導入したい

Google Analytics を使う場合トラッキングコードを埋め込む必要がありますが、このプラグインを使えばファイルをいじらなくても自動的にコードを挿入してくれます。

しかも管理画面ダッシュボード上にレポートを表示してくれるので、簡単なチェックも可能です。

ただ、テーマ機能や他のプラグインでもコードを挿入していると、二重にコードが埋め込まれる形になって正確なデータがとれません。

アナリティクスの直帰率が一桁台になっているときはほぼ間違いないく重複しているので、念のため確認しておきましょう。

XMLサイトマップを自動生成したい

WordPress 自体に XML サイトマップ生成機能はないので、検索エンジンにブログの構造を正確に伝えたいときはこのプラグインがおすすめです。

生成後は Google Search Console などにも登録しておくと良いですね。

ただ、Yoast SEO など他のプラグインですでに生成している場合は不要です。

人が見るサイトマップを自動生成したい

PS Auto Sitemap は、人が見るサイトマップを生成してくれるプラグインです。

Naifix サイトマップはこちら

サイトマップ生成機能がついているテーマでは不要です。

meta descriptionを設定したい

meta description を設定したい場合は Meta Manager がシンプルで使いやすいですが、テーマに機能がついていたり ALL in One SEO Pack などの SEO プラグインを使っている場合は不要です。

どちらも使うと、メタタグが重複して出力されてしまいます。

なお、SEO だけ考えると meta keywords を設定しても何の意味もありません。

HTMLやCSSのコードをキレイに表示したい

記事内で HTML タグなどを表示するときは、以下のように文字参照 を使います。

<a href=”http://blogbeginners.club/”>EBC</a>

<a href=”http://blogbeginners.club/”>EBC</a>

でも、Crayon Syntax Highlighter を使うとこのようにカッコよく表示できます。

ちょっと重いので、頻繁にコードを紹介するのでなければ使わないほうが良いかもしれません。また、投稿エディタ系のプラグインと相性が悪く、思ったとおりの表示にならないこともあります。

Crayon Syntax Highlighter の詳しい使い方はこちら

人気記事ランキングを自動で表示したい

人気ランキングを作成するときによく使われているプラグインです。

この機能がつけられているテーマでは不要ですが、逆に推奨プラグインとなっているテーマもありますね。

基本はウィジェットでの表示ですが、ショートコードにも対応していますし、テーマファイルに直接記述して使うこともできます。

使いすぎると重くなるので注意しましょう。

まとめ

繰り返しになりますが、プラグインをあれもこれも入れてしまうとトラブルの原因になってしまいます。

まずは「Akismet」と「WP Multibyte Patch」を有効化し、その後は目的に応じてインストールしましょう。

Naifix で使っているプラグインはこちらです。

よくわからずに使うとブログが真っ白になることもあるので、気をつけてくださいね。

それでは、また。