43 Shares

RSS Footerが使えなくなったのでWordPress SEO by Yoastに切り替えよう

foot

WordPress から自動的に吐き出される RSS に、署名とオリジナル記事へのリンクを簡単に挿入できるプラグイン「RSS Footer」。記事が盗用されるのをほんの少しだけ軽減してくれます。

先日 ver.0.9.9 へのアップデートが行われましたが、今回の更新で開発は終了のようです。ちなみに、最新版に更新すると機能が止まってしまうので注意してください。

同機能を継続して使いたいのであれば、SEO プラグイン「WordPress SEO by Yoast」を新たにインストールする必要があります。設定は簡単に移行できるので、その方法をご紹介します。

RSS Footerを最新版にすると機能が停止する

RSS のカスタマイズ等は行わず、単純に RSS Footer を動かしているだけだと、このように文末にリンクと署名が挿入されます。

RSS Footer で署名埋め込み

先日アップデートが行われたので、管理画面に通知がきていると思います。

RSS Footer 更新通知

でも、更新してしまうと、このようにリンクも署名も挿入されなくなります。

RSS Footer が動かない

管理画面の「設定」項目も消えてしまい、残念ながらこのまま動かすことはできません。また、管理画面上部にはアナウンスが表示されます。

RSS Footer 更新後の通知

RSS Footer has been discontinued and isn’t actively maintained. Please install Yoast SEO as that’s both well maintained and more secure. Import your settings from this plugin, and then disable this plugin entirely.

『RSS Footer はもう動かないので、より安全な “Yoast SEO” を使ってください。設定を移行したらプラグインは削除してください。』

今後は「WordPress SEO by Yoast」に統合され(元々同じ機能が備わっていますが)、RSS Footer 最新版は従来のユーザーがデータを移行させるために存在する、ということですね。

今までどおりの RSS 文末への署名機能は、更新せずに古いバージョンのままにしておけば使えます。でも、古いプラグインは不具合の原因となることも多いので、Yoast SEO をインストールしてデータを移行するのがベスト。

ちなみに、管理画面上部に通知される Yoast SEO へのリンクは切れているので、インストールはプラグイン管理画面か公式サイトからダウンロードしてアップしてください。

WordPress SEO by Yoast インストールと設定

プラグインのインストールは他のプラグインと同様です。

管理画面から検索するとすぐヒットするので、インストールして有効化してください。

WordPress SEO by Yoast

ちなみにこのプラグインは WordPress の標準機能だけでは足りない SEO 要素を補完してくれます。

設定項目は多岐にわたりますし、よくわからぬままいじってしまうと間違った施策となってしまうおそれがあるので、ひとつずつ調べながら設定することをオススメします。

ここでは RSS Footer のデータインポートと、再設定方法のみご紹介します。

RSS Footer インポート

インストールが終了すると、管理画面のサイドバーに「SEO」が追加されます。

まず、RSS Footer の設定をこのプラグインへ移行しましょう。

「Tools」を選択します。

Yoast SEO Tools

つづいて「Import and Export」を選択。

Yoast SEO Import

「Import from other plugins」タブを選択し、「RSS Footer からインポート」にチェックを入れます。

Yoast SEO インポート処理

インポートボタンを押せばすぐ完了します。

「RSS Footerの設定が正常にインポートされました」という通知が出れば OK です。

RSS Footer インポート終了

RSS設定の確認と変更

念のため設定内容を確認しておきましょう。今度は「高度な設定」欄へ移ります。

Yoast SEO 高度な設定

「RSS」タブを選択すると、設定内容を確認できます。

Yoast SEO RSS設定

RSS Footer ではそれほど複雑な設定をしていなかったと思いますし、デフォルトのまま使っていたのであればインポート作業は要らないかも。

WordPress SEO by Yoast に切り替えたら RSS Footer は不要となるので、忘れずに削除しておいてくださいね。使わないプラグインを放置しておくと、セキュリティ面でよろしくないです。

プラグインを使わず署名を入れる方法

WordPress SEO by Yoast のような SEO プラグインは使いたくない! 必要最低限の機能だけほしい! という方もいるでしょう。僕もそのひとりで、個人ブログに SEO プラグインは不要だと思っていますし、できるだけ無駄は省きたい。

RSS Footer のかわりになるような最適なプラグインは探していないのですが、プラグインを使わずともカスタマイズで対応できます。

ゆめぴょんさんのブログでは、以下のような機能を実装するカスタマイズ方法とコードが紹介されています。

  1. アイキャッチ(サムネイル)画像(リンク付き)
  2. 記事の抜粋文(「続きを読む」のリンク付き)
  3. 同じカテゴリの人気記事5つ(記事数は変更可能)
  4. 違うカテゴリの人気記事5つ(記事数は変更可能)
  5. ブログ記事の著作権情報(リンク付き)

RSSフィードに画像や関連記事を表示!YARPPプラグイン不要

functions.php をさわることになりますが、レベルに合わせて最適な方法を取り入れてください。

まとめ

  • RSS Footer は開発終了
  • 同じ機能は WordPress SEO by Yoast で使える
  • 設定を移行したら RSS Footer は削除

RSS に署名を入れたとしても、記事の盗用や転載はなくなりません。ほんのちょっとだけ軽減できるかな、という程度で、残念ながら今後もパクり問題はずっと続くと思われます。

せっかく書いた記事をパクられるのは悲しいことですが、対策に多くの時間を割くよりは、もっと良質な記事を提供することに集中しましょう。コピーがオリジナルを超えることはありません。

たまに仕返しするとブログネタになっていいかもしれませんが…(笑)

参考ブログ記事が丸パクリされたので仕返し!覚えておきたい3つの対応方法

それでは、また。