49 Shares

無料素材を加工してオリジナリティの高いアイキャッチ画像を作ろう

ネコ

ブログでよく使われるアイキャッチ画像。読んで字のごとく、読者の目線を引きつける画像です。

トップページの記事一覧表示や SNS でシェアされたときにクリック率を高め、タイトルや見出しの前後に挿入することで記事のイメージを伝える役割を持ちます。

個人ブログで使われるのは無料素材がほとんどですが、ここで問題となるのが「オリジナリティを出しづらい」ということ。あっちのブログもこっちのブログも同じ画像、となるとアイキャッチの効力が弱まるかもしれません。

そこで今回は、無料素材を加工して少しでもオリジナリティを出す方法をご紹介します。

アイキャッチにオリジナリティが必要な理由

Naifix の記事は 100% アイキャッチを設定しています。

人物画像を使うことが多いのですが、無料素材、とくに日本人の素材は配布サイトも少なく、他のブログとかぶることがあります。そのため、最近はほとんど海外の素材を使っております。

で、今回こちらのエントリーを読んで、改めてオリジナリティは大切だなと思った次第です。

違うサイト・ブログで同じ写真を使っているのを見ると、個人的にそのエントリーは「無個性」「手抜き感」、企業運営サイトなら「素人っぽい」と感じます。そして記事の内容に関係なく、エントリーのイメージが一気に安っぽく見えてきます。せっかくイイ記事を書いていても、写真のセレクトで台無しです。それだけ写真のパワーってのは強いんですよね。
特にブログの書き方で「個性を発揮しろ」と書いている記事や、いい写真の撮り方エントリーでよく見るお手軽素材ピクチャーが出てくると、ジョークにしか見えません。

違うブログ・サイトなのに同じ画像を見ると気分が萎える

同じ画像を使っていることをどう受け止めるかは人それぞれですが、ブロガー目線で考えると、できればかぶりたくないのが本音。

有料素材を使う手もありますが、費用対効果を考えると個人ではなかなか手が出しづらいと思います。また、有料だからといってかぶらないとは限りません。

日本人が起用されている国内の無料素材サイトはいくつかありますが、メジャーどころは以下でしょう。

ぱくたそ

足成

写真AC

とくに、ぱくたそさんの画像を使うブログはどんどん増えていますよね。

無料素材の画像はどれくらいかぶっているのか

たとえば、こちらの恵方巻きを食べている画像。

恵方巻き

ブログだけではありませんが、Google で画像検索してみると現在 88 件がヒットします。来年の 2 月になるともっと増えるかもしれません。

一度は目にしたことがあると思うこちらの画像になると、579 件もヒットします。

年収低すぎ?

このような無料素材を使う場合はアレンジ加工して、少しでもオリジナリティを出してみましょう。

無料素材を使った画像加工サンプル

では、いくつかサンプルをご紹介していきます。

文字を入れる

もっとも簡単な方法が、画像に文字を入れる方法です。

最近リリースされた、こちらの画像を使ってみましょう。

bon

「沈黙の Web マーケティング」とコラボしたもので、現在もっとも注目を浴びている素材だと思います。

参考沈黙のWebマーケティング素材~Webマーケッターボーンの追撃~

ゴゴゴゴゴ

画像にそのまま文字を入れたもの。各文字の大きさや角度を変えると動きが出ます。

文字に背景色を入れる加工

文字の背景に薄いボーダーを入れたもの。この画像をアイキャッチにするなら、記事の中身は「身体を鍛える」ということになりそうです。

セリフを入れる画像加工例

背景にセリフを入れたもの。手書き風フォントにするとそれっぽくなります。

いずれも簡単な加工ですが、画像に意味を持たせる有効な方法です。

画像素材だけではなく、フリーフォントをいくつかダウンロードしておくとオリジナリティが出しやすいかもしれません。

参考無料の日本語フリーフォントを使ったアイキャッチ画像18例

単純なアレンジを加える

つづいて、画像に単純な加工を施したものを見てみましょう。

元の画像はこちら。

確定申告

2 ~ 3 月ごろに多く見られる、確定申告の記事などで使えそうですね。

モノクロ加工

画像を白黒にしたもの。この上に文字を置けば、テキストがより強調されます。

画像分割加工

画像を分割したもの。この画像でいえば、「確定申告を失敗しないために知っておくべき…」というタイトルに合うかもしれません。

写真風加工

画像を写真風に加工したもの。複数枚並べることにより、ストーリーを演出できます。

このような加工は、Photoshop のような編集ツールがあれば一発です。テキストを乗せることで、さらにオリジナリティが加わるでしょう。

お金をかけなくても、PIXLR などの無料ツールがたくさんあります。ブラウザだけで処理できるものなら、特定の PC を使わずに作業できるので便利。

参考ブログのアイキャッチを作ろう!無料画像編集ツールPIXLRの使い方

最近はスマホアプリでも面白い加工ができるものがたくさんあるので、モブログがメインならそれを使うという手もあります。

複数の画像を合成する

ちょっと時間をかけて凝った画像を作ってみると、より一層オリジナリティが高まります。

こちらの画像を使ってみましょう。

背景が白い女性の画像

背景が単色のものを選ぶと、切り抜き処理がしやすいのでお勧めです。

テクスチャ合成

人物を切り抜き、テクスチャ画像と合成したもの(髪の毛テキトーですw)。白背景と印象が違って見えます。

背景にグラデーション加工

背景にただグラデーションをかけたもの。テキストを乗せるならこのぐらいシンプルなほうが良いですね。

Photofuniaを使った加工例

他の画像と組み合わせて加工したもの。PhotoFunia というサービスを使うと簡単にできます。

複雑な加工はテクニックも時間も要りますので、積極的にツールを活用しましょう。

参考たった5秒で驚きの画像加工ができる無料オンラインツール3選

ブログのデザインや記事の内容に合わせていろいろ試してみてください。

まとめ

必ず画像を使わなければいけない、ということはありません。ただ、上手に使うことで、読者の目をひき、読みやすい記事にすることができます。

加工に時間をかけたくない。かといって他のブログとかぶりたくない。という場合は、国内の素材だけではなく海外のサイトを探してみるとお宝が見つかるかも。

でも、画像だって記事の一部ですから、丹精込めて書き上げた記事にはそれなりの画像を用意したほうが良いかもしれませんね。僕は、画像を探して加工するだけで 30 分ぐらいかかることもあります。

(なんてことを書いておきながら、この記事のアイキャッチはまったく加工していないというw)

それでは、また。