67 Shares

WordPress投稿内の内部リンクをチェックできるInterlinks Manager

リンク構造

ブログの記事数が増えてくると、「どの記事からどの記事にリンクしたのか」というのがだんだんわからなくなってきますよね。

また、「この記事にはどれくらいの内部被リンクがあるのか」というのは、全記事のデータを整理していないとわかりません。

内部リンクを把握するために過去記事をすべてチェックしようにも、記事数が何百もあるとそれだけで何時間もとられてしまいます。

実は WordPress には、これらの問題を一気に解決できる内部リンク管理プラグインがあるのです。「内部リンクチェックしなきゃ」と思いながら放置してきたなら、導入しない手はありません。

内部リンク最適化プラグイン Interlinks Manager

内部リンクの管理・最適化におすすめのプラグインが、こちらの「Interlinks Manager」です。

Interlinks Manager

このプラグインの機能をざっと挙げると・・・

  1. 投稿内からのリンク数チェック
  2. 投稿内からの被リンク数チェック
  3. 内部リンクの強さ(価値)を計算
  4. 内部リンククリック数チェック
  5. 特定のキーワードに自動リンク

SEO を意識しているブロガーにとって重宝すること間違いなしのプラグインですね。

ただし、有料($ 33)です。

33 ドルを高いと見るか安いと見るかはそれぞれですが、機能を考えるなら安いものだと思います。買い切りタイプなので、追加費用も発生しません。

Search Consoleの内部リンクとどう違うのか

「内部リンク」といえば Google Search Console を真っ先に思い出すかもしれません。どのページにどのくらいリンクがついているのかチェックできます。

Search Console 内部リンク

わざわざ有料プラグインを使わなくても済みそうですが、これはナビゲーションメニューや自動的に表示される関連記事・人気記事のリンクもカウントされます。

つまり「ページ内すべてのリンク」が対象なわけです。

一方、Interlinks Manager でカウントするのは「投稿内のリンク」のみです。メニューなど本文外のリンクは含まれません。

全体の状況を見るなら Search Console が便利ですが、記事内の手動リンクをチェックするならプラグインのほうが便利、ということですね。

Interlinks Manager 購入からインストールまで

Interlinks Manager は Envato Market というサイトで販売されています。

購入手続きとダウンロードは英語が得意ではなくても大丈夫です。順に解説していきます。

まず Interlinks Manager 販売ページ から「BUY NOW」に進みましょう。

Interlinks Manager

チェックアウト画面に移るので、氏名とメールアドレスを入力します。

Interlinks Manager アカウント作成

つづいて、ユーザーネームとパスワードを入力。これが Envato Market のアカウントになります。

“I have read, and agree to, the Envato Market’s Terms and Conditions and Privacy Policy.” にチェックを入れて右下のボタンをクリック。

Interlinks Managerユーザー名とパスワード設定

次の画面で、支払い情報を入力していきます。

Interlinks Manager 支払い情報

最後に支払い方法の選択です。

クレジットカードまたは PayPal で決済できますが、手数料が 2 ドルかかるので、計 35 ドルの支払いとなります。

Interlinks Manager 支払方法選択

決済が終了したら、Envato Market からメールが送られてきているので確認しましょう。

メール内の「Confirm your email」ボタンを押して、マイページに移動します。

Interlinks Manager 決済完了メール

Interlinks Manager のダウンロードボタンが出ているのでクリック。

Interlinks Managerダウンロード

ダウンロードファイルを選択できますが、「Installable WordPress file only」で OK です。

Interlinks Manager ダウンロードファイル選択

デスクトップなど任意の場所にダウンロードしておきましょう。

Interlinks Manager ZIPファイル

このファイルを WordPress 管理画面「プラグイン」から「新規追加」でアップロードしてインストールすれば完了です。

※ZIP を展開して FTP でアップロードしても OK

有効化したらさっそく内部リンクをチェックしてみましょう!

Interlinks Manager の使い方

有効化すると、サイドバーに「Interlinks」が表示されます。

サイドバーにInterlinksが表示される

ダッシュボードで投稿内の手動リンク数をチェック

「Dashboard」に入ると、以下のようなメッセージが表示されています。

There are no data at moment, click on the “Generate Data” button to generate data and statistics about the internal links of your blog.

まだデータがないので “Generate Data” をクリックしてくれ! という指示に従って、右側のボタンをクリック。

Interlinks Manager Generate Data

数秒で表が生成されます。

Interlinks Manager ダッシュボード

各セルはこのような意味です。

Post 記事タイトル
Date 投稿日(公開日)
PT 投稿タイプ(投稿/固定ページ)
CL 投稿文字数(日本語は 1 文字で 2 CL)
MIL 投稿内の手動内部リンク数
AIL このプラグインを使った投稿内の自動内部リンク数
RI 投稿内の推奨内部リンク数
VG 内部リンククリック数
OF 最適化(推奨リンク数に近ければ 1 )

初期設定では、「1000 文字に対して内部リンク数 1 が目安」となっています。これに対してプラスマイナス 1 のリンクが投稿内にあれば「最適な数」と判断されるようです。

※数値は Options から任意に変更できます

各投稿の手動リンク数(MIL)をチェックしておけば十分かなと思います。

一覧を CSV でダウンロードすることもできますよ!

Juice で投稿の被リンク数と価値をチェック

つづいて「Juice」に入ってみましょう。

Dashboard と同じくまだデータが反映されていないため「Generate Data」をクリックしてください。

そうすると、このような表が生成されます。

Interlinks Manager Juice

IIL 記事の被リンク数
Juice リンクの価値

記事 A に記事 B・C・D から内部リンクが一つずつはられていれば、IIL は 3 となります。

「あれ、この記事あまりリンクしてなかったな・・・」なんていうのが一目瞭然ですね。

どの記事からリンクされているかは、表の右側にあるボタンから CSV をダウンロードすれば確認できます。

Interlinks Manager 被リンクをCSVでダウンロード

「Link Content」でリンクしているテキストが表示されるので、キーワードの調整も簡単です。

「あれ」とか「これ」になっていないか、チェックしてみてください。

POINT

CSV は UTF-8 になっているので、Execel で開くと文字化けします。Windows なら一度メモ帳で開いてそのまま上書き保存してください。文字化けが解消されます。

リンクジュースは、各投稿の値を 1000 として、そこから内部リンクの総数やキーワードの有無で計算されるようです。

あくまで目安として考えたほうが良いですが、「内部被リンクが少ないのに上位」とか「内部被リンクが多いのに圏外」なんていう記事を分析すれば上位表示の手がかりが得られるかもしれませんね。

辞書を作るなら AIL が便利!

「AIL(Auto Internal Links)」では、設定したキーワードに自動でリンクを追加することができます。

Interlinks Manager AIL(オートリンク機能)

過度なリンクを防ぐために、上限やキーワード判定方法なども設定可能です。

通常のブログなら不要かなと思いますが、辞書のようなサイトを作るときは便利ですね。

英語のテロップのみですが、動画でなんとなく機能がわかると思います。

リンク状況の確認だけならOptionsは初期設定のままでOK

「Options」から、各設定を行うことができます。

Interlinks Manager Options

「内部リンク数最適化の目安」や「リンクジュースの計算方法」なども調整できますが、初期設定のままで良いでしょう。

使いこなせるようになったら、詳細な設定方法をお伝えしたいと思います。

投稿画面で最適な内部リンクを勧めてくれる!?

投稿画面にも機能が追加されます。

「Interlinks Optimization」では、編集中の記事に最適な内部リンク数が表示されます。「Dashboard」の「RI」と同じです。

Interlink Optimization

「Interlinks Suggestions」で「Generate」をクリックすると、この記事から内部リンクしたほうが良い記事を提案してくれます。

Interlink Suggestions

記事タイトルやカテゴリーを見ているようですが、自分でも忘れかけていた記事が表示されるかもしれません。

まとめ

以上、内部リンク最適化プラグイン「Interlinks Manager」のご紹介でした。

あとからどんどん記事を追加していくブログでは、内部リンクがおろそかになりがちです。

このプラグインで内部リンクを見直し、読者が役立つ記事を発見できるよう改善していきましょう。そうすれば検索順位も上がっていきます!

もっと読まれるブログにしたいなら読者目線を意識して記事を書きましょう

それでは、また。