2015/11/1213 Shares

検索キーワードから訪問者の人物像を考えてアクセスにつなげよう

シルエット

検索サイトからのアクセス数を増やしたいなら、「どんなキーワードで集客したいのか」「そのキーワードの需要はどれくらいあるのか」がポイントになります。

ただ、需要が多いということはライバルも多いということです。かなりの強豪が出そろっている場合もあるので、開設から間もない初心者ブロガーではとてもかないません。

誰も検索しないようなキーワードで上位表示されてもアクセス数は知れていますが、まずは需要もライバルも少ない複合キーワードでアクセスを集めるのがお勧めです。

理想は需要が多くライバルの少ないキーワード

需要と競合サイトの関係を表すと、下記の4パターンになります。

  • 需要が多く、競合サイトも多い
  • 需要が多いが、競合サイトは少ない
  • 需要は少ないが、競合サイトは多い
  • 需要は少なく、競合サイトも少ない

keyword-graph

ここで言う需要は検索ボリュームのことです。競合サイトに関しては「多い・少ない」だけでなく、「強い・弱い」もあります。

4パターンのうち、圧倒的なアクセス数を得られるのは1番目の「需要も競合サイトも多いキーワード」です。でも、そこに君臨している競合サイトはプロばかりですから、一朝一夕で作ったブログでは相手になりません。

ブログ作成前に設計図を描き、しっかりと準備して臨む必要があります。時間と費用がかかるので、初心者ブロガー向きではありません。

初めは需要もライバルも少ないキーワードを狙う

理想としては2番目の「需要は多く、競合サイトが少ないキーワード」を探し当てることですが、当然この領域はプロも虎視眈々と狙っています。

先に見つけることができればアクセスを集めるのは簡単ですが、強豪に見つかってしまうとあっという間に下位へ飛ばされるでしょう。

ということは、4番目の「需要も競合も少ないキーワード」で勝負するしかありません。各キーワードから得られるアクセスは少なくても、記事の量・キーワードの量で勝負する方法です。

複合キーワード

組み合わせるキーワード数が多くなると、それだけ需要も競合も少なくなります。

イメージはこんな感じです。

「ブログ」>「ブログ 書き方」>「ブログ WordPress 書き方」>「ブログ WordPress 書き方 初心者」

各単語をスペースで区切って検索するのではなく、

「ブログ初心者 WordPressの書き方」

のように検索する場合もありますね。

どのような組み合わせで検索されることが多いのかツールを使って調べたり、実際にそのキーワードで検索してみてどんなサイトが上位にいるのかを調べてみましょう。

キーワードツール

Yahoo/Google関連キーワードツール

AdWords(キーワードプランナー)

キーワードアドバイスツール|FerretPLUS

競合比較ツール

競合サイト比較チェックツール

SEO診断ツール itomakihitode.jp

アクセス解析でキーワードを調べてみる

定期的にチェックしていると思いますが、アクセス解析でもキーワードの需要をある程度調べることができます。

残念ながらGoogleからのアクセスはキーワードが表示されませんが、その他検索サイトからのキーワードである程度見当がつきます。

流入数が多いキーワードを確認するのはもちろんのこと、アクセスが1~2ほどしかないキーワードも重要です。ここからわかるのは需要というより人物像かもしれません。

Naifixにはこんなキーワードでアクセスがあった!

silhouette

今日の記事は、単にこれがやりたかっただけなんです。

直近1か月で当ブログに検索で訪れてくれた方は、どんなキーワードでやってきたのか。そこから浮かび上がる人物像とは…

各ジャンルの検索ワードと、それに対する答えも書いてみます。

迷惑メールで悩んでいる方

検索ワード

  • 迷惑メールどのくらい続く?
  • 迷惑メール アクセス 対処法

メールがこの世から消えない限り、迷惑メールがなくなることはありません。フィルタリングが優秀なGmailをお勧めします。

WordPress初心者

検索ワード

  • wordpress パソコンで作るのか
  • アメブロよりwordpressのアクセスアップ法

更新はスマホやタブレットからもできますが、テーマ作成やカスタマイズ、メンテナンスは PC じゃないときついです。

アクセスアップは SNS 拡散+ SEO が正攻法です。まずはアクセスアップに必要な WordPress の初期設定をしておきましょう。

アクセス数に悩んでいる方

検索ワード

  • 毎日1万pv集めるには
  • 土曜日のブログアクセス数の多い時間
  • アクセス数の多い人は沢山他のブログを訪問している?
  • ブログの閲覧数が全く増えません。何が原因か教えてください
  • 効果的なブログの更新回数

読者にメリットを与えているブログはアクセス数が増えます。読んでもメリットがない記事には誰も興味を示しません。

着実にステップアップするために、まず月間1万PVを目指す手順を参考に取り組んでみましょう。

SEOに関心がある方

検索ワード

  • 検索 1ページ目 アクセス少ない
  • 検索流入落ちたまま

たとえ1ページ目(10位以内)にランクインしていても、1位と10位のアクセス数は全然違います。また、先ほどから話しているように需要が少なければアクセスも多くありません。

検索流入が落ちたままでお悩みなら、過去記事の修正を行ったほうが良いでしょう。タイトルを変えるだけで効果が出ることもあります。

何を書けばよいかわからない方

検索ワード

  • 長い文 書けない
  • 簡単なブログの書き方
  • おしゃれなブログの書き方は?

ライティングのノウハウはいろいろありますが、僕は小・中学校でどれだけ国語の勉強をしてきたかで変わると思います。それは作文だったり読書感想文だったり、今まで読んできた本の数だったり。

ブログは誰でも書けますが、反応率を高めたいならひたすら読んでひたすら書くのが一番です。

どうしてもネタが思いつかないときは、9つのネタ探し方法を参考にしてみてください。

書くことをあきらめつつある方

検索ワード

  • ブログに書籍の一部を少し変えて書きたい
  • ブログ どこまでパクっていいのか

ネタがないけどブログを書きたい(稼ぎたい)人がたどり着く安易な考え。

でも、パクッたらダメです。

ブログを丸ごとパクるのは簡単ですが、コピーコンテンツはすぐにバレるのでアクセス数が増えることはありません。

ブログデザインを考えている方

検索ワード

  • 縦に2枚並んでしまいます
  • 見出し h おしゃれ
  • 一文 文字数 最適

「縦に並ぶ」というのはレクタングル広告を横並びに設置したい方だと思いますが、ひとつの広告が横幅300pxなら最低600pxのコンテンツ幅が必要です。これには枠の太さと余白も含まれます。

最適な文字数は、読者が極端に目線を動かさずに読めるかどうかを基準に考えましょう。

読まれるブログデザインの大原則 をチェックしてみてください。

浮かび上がる人物像

こうして見ていくと、このブログに訪れてくれる方は「ブログを始めたばかりで全体像がつかめない初心者」ですね。

このブログを立ち上げる前に仕立てた仮想読者像どおりとなっています。

記事単位で見れば、予想していなかったキーワードで訪れてくれる方もいます。そのキーワードを掘り下げた記事を書けばもっと多くの方が訪れてくれるでしょう。

まとめ

アクセス解析は眺めるだけでは意味がありません。定期的に検索キーワード全体をチェックして、読者像を再構成してみましょう。意外なキーワードでヒットしていることもよくあります。

すべてはデータとなって表れますが、データ分析ばかりしていると画面の向こうにいるヒトの存在を忘れてしまいがち。つねに念頭に置いておくべきなのは、「ブログを読んでくれるのは人間だ」ということです。

僕はこれが最も難しく、また楽しいことだと実感しながらブログを書いています。ブログだけじゃなく、仕事でも家庭でも同じですけどね。

それでは、また。