32 Shares

ブログのアクセス数を増やすために必要な3つの魅せかた

ブログを始めたばかりのころはテンションも高く、輝かしい未来を思い描いて熱中していた。けれど運営期間とPV数やユーザーの反応が比例せず、そのテンションもだだ下がり。

ブログに必要な3つの魅力

だんだんブログがつまらないものに感じてしまい、自然とフェードアウト。そんな宙ぶらりんのまま捨てられているものがたくさんあります。

なぜPV数が少ないのか。なぜ誰も反応してくれないのか。

それは魅力がないことが最大の原因です。というわけで、今日はブロガーが意識すべき3つの「魅せかた」のお話。

なぜあのブログにはいつも人が集まるんだろう

自分のブログを客観的に見ることができれば、おのずと問題点が浮き上がってきます。

looking

そのチェックを定期的に行い、テストと改善を繰り返していけばPV数がまったく伸びないということはありません。

ただ、客観的に見るというのはなかなか難しいものです。読む人のことを考えず、ひたすら自分が発信したい情報だけを取り上げ、主役を自分に設定しているならなおのこと。

これが良いか悪いかという問題ではありません。主役が自分ならその魅せかたをもう少し考えてみましょう、という話です。

まわりから見て、あなたとあなたのブログにはどのような魅力があるでしょう。

他のブログから何をどれだけ吸収するか

日ごろからいろいろなブログを見てまわっていると思いますが、そこから何を学んでいますか?

もし、そこに記されている情報だけを抜き取っているならすごくもったいない。最新のガジェット、便利なライフハック、シェアしたいオモシロ動画。

それ以外にも学ぶべき点がたくさんあるはずです。

  • タイトルのつけ方
  • 本文への引き込み方や文章全体の流れ
  • レイアウトと読みやすさ
  • ファーストビュー・CTAのつくり

挙げればキリがありません。しかし、最大限学んでほしいのは、コレです。

  • なぜ私はこのブログを読んでいるのか
  • なぜ私はこの記事を最後まで読んだのか

何度もそのブログを訪れているなら、そしていつも最後まで読んでいるなら、なんらかの魅力を感じているはずです。

その魅力を3つにわけて解説していきます。

読者を魅了するライティング

ブログの本質といえば、そこに書かれている文章です。

write

動画像をメインにしたものは別ですが、次からつぎへ読ませる記事を書き上げられれば訪問者は最後まで読んでくれますし、また読もうとブックマークしてくれたりRSS登録をしてくれます。

残念ながら僕は言葉だけで伝えるスキルがまだまだ足りないので、文章の合間に動画像を挿入したりボックスで囲んだりして適度にごまかしています。

最終的な目標は、一切のごまかしなく言葉だけで読者を惹きつけること。

そう、たとえばこのページが有名ですね。

words
これはウェブページです。

どうすればライティングスキルが身につくのか

『ライティングがーライティングがー』と吠えて(ノウハウを売ろうとして)いる方はたくさんいますが、1冊の書籍を購入して読んだからといってスキルが身につくことはまずありません。

そこにどんなに素晴らしいテクニックが記されていたとしても、実践してみなければ身につくはずがないのです。

書かなければ上手になりません。書かないでいると下手なままです。

SDSやPREPのような方法を学ぶより、読みやすいと思ったブログの構成や文章の流れをマネて実際に書いてみることが、初心者にとって一番の近道です。

毎日ブログを更新しつづけ、1年後に過去記事を読んでみるとその成長度合いがよくわかります。

SDS
Summary(概要)→Details(詳細)→Summary(まとめ)で構成されたもの
PREP
Point(結論)→Reason(理由)→Example(例)→Point(まとめ)で構成されたもの

ライティングに関して書かれた本を読んで、翌日になったら見違えるほどステキな文章が書けるようになるなんてことはありません。

そんな魔法があれば、ぜひ教えていただきたいものです。

読みやすく洗練されたデザイン

monitor

『アクセス数アップを考えるなら、良質なコンテンツを提供しましょう!』とは僕の口ぐせですが、そのコンテンツにはデザインも含まれます。

完璧な構成で流れるような文章を書けたとしても、文字は小さく行間も文字間もせまいデザインなら、読者は「読みづらい!」という印象を抱きます。

また、フォントサイズがメインもサブも同じだったり、一画面内にいろんな情報が表示されているなら、パッと見てごちゃごちゃした印象しか受けません。

参考初心者ブロガーが絶対覚えておくべき読まれるブログデザインの大原則

本当に強調したいところ(読んでほしいところ)はどこなのか、といえばそれはメインである記事本体ですから、誰が見ても「ここからここを読めばOK」とわかるデザインにしましょう。

なおかつオリジナリティを出すことも忘れてはなりません。

無料ブログでもWordPressでも、配布されているテンプレートを使うなら高確率で他のブログとデザインがかぶります。

読みやすいデザイン・流行のデザインをつきつめていくと似たような構成になりがちですが、配色を変えたり、ロゴを変えたり、見出しのデザインを変えて自分らしさを演出してみましょう。

ファンはここを見ている!運営者自身のキャラクター

「文章」と「デザイン」という2つの魅力をお話しましたが、3つめは「運営者自身」です。というより、2つを統合したものがここに表れます。

girl

どんなにキャラクターを設定しても言葉の端には性格が出るもので、かなり意識しなければ素の自分がそこに表れてきます。

デザインも同じで、配色には好きな色が出てきますし、全体の構成やパーツにはそれぞれのこだわりが垣間見えます。

すなわち、ブログとは運営者自身をそのまま投影するツールということですね。ブログについてくれるファンは、あなたのファンになってくれているのです。

運営者に魅力がなければPV数は落ちる

内容がともなっている立派な文章が書ければ、検索サイトで上位表示され、アクセス数は増えていきます。

でも、ブログを最後まで読んでくれるかどうか、ほかの記事を読んでくれるかどうかは別問題。

『このひとの日記おもしろい!』『このひとはわかりやすい!』とファンになってくれれば良いですが、『検索上位のわりに内容うすっぺらだしおもしろくないなー』なんてことになったら最悪です。期待感たっぷりのぶん、裏切られた感は半端ありません。

PV数が少ないなと思ったら、まず自分の魅力を疑ってみましょう。

まとめ

ブログのアクセス数アップに必要な3つの魅力。

  1. 文章
  2. デザイン
  3. あなた自身

相手は機械ではありません。意思と感情をもった人間です。

面倒なことを一切考えず、たまには素の自分をさらけ出してみると意外な反応が得られるかもしれません。小手先のSEOテクニックを駆使するよりよほどマシです。

リアルでもネットでも、魅力的なひとのもとには常にひとが集まるんですよね。

それでは、また。